記事

<芸能界から英会話まで>コロナ自粛から「ハイジェニック営業」にシフト

1/2

久松知博[構成作家]

***

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、我々の生活の至る場面で制約と規制が余儀なくされている。政府によって5月25日午前、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県の緊急事態宣言解除が承認された。4月7日の発令から約1カ月半で一応の解除とはなるわけだが、すぐに元の生活に戻るということは考えにくく、今後も長期的に自粛ムードは継続すると予想されている。

[画像をブログで見る]

その余波はあらゆる業界に広がっているが、「不用不急の最たるもの」と言われる芸能界へのダメージは甚大だ。舞台やライブ、アイドルのオフ会などの3密に該当するイベントは軒並み中止。活動があらゆる方面で制限されている中、YouTubeや17ライブなど、個で配信することが可能なメディアに活動の場を移しているタレントも少なくない。しかし、従来の営業に比べれば収益は未知数だ。筆者の周りにもオンライン活動に精を出している演者もいるが、結局4月・5月は収入0という芸能人は多い。

一方で、オンラインであることを逆手にとったエンタメビジネスも登場している。例えば、吉本興業の芸人がオンラインスナックのママとなり、少人数でファンと交流できる芸人オンライン飲み会「スナック吉本」は話題になった。

このサービスは吉本興業が運営するクラウドファンディングサイト「SILKHAT(シルクハット)」から購入が可能。5月27日現在でその支援金総額は960万円を超えている。さらに、オンラインお茶会の「純喫茶よしもと」も同時にサービスを開始。こちらは現在270万円超。さすがは吉本・・・と感心してしまう。

このサービスは、今やビジネスの世界でもその名を馳せているお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣氏によって提案された。西野氏が吉本興業にアイデアを提案した数日後にはサービスが開始されていたというからその対応の早さにも驚きだ。

このように、ひたすら自粛するという後ろ向きなコロナ対策から、「コロナ禍の真っ最中だからこそ」という逆転の発想で新しいビジネスチャンスへと結びつけている例は、一般企業にも登場しつつある。顧客の健康と安全を最大限に確保しつつ、「今だからこそ」の新しい展開を目指しているケースだ。

あわせて読みたい

「NOVA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  10. 10

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。