記事

原油先物5%急伸、米中対立は通商合意に影響せずとの見方

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は5%上昇。5月の米原油先物は月間として過去最大の上昇となった。米中の緊張が高まっても通商合意に影響しないという見方や減産への期待を受けた。

清算値は米WTI先物の7月限<CLc1>が1.78ドル(5.3%)高の1バレル=35.49ドル。

北海ブレント先物7月限<LCOc1>は0.04ドル高の35.33ドル。ただ、より取引が活発な8月限<LCOc2>は1.81ドル(約5%)高の37.84ドル。

WTIの月間上昇率は過去最高の88%。北海ブレントは約40%の上昇で、1999年3月以来の伸びだった。

トランプ米大統領は29日の記者会見で、香港に対する優遇措置を撤廃するよう政権に指示したと表明したが、第1段階の米中通商合意に影響するという考えは示さなかった。

アゲイン・キャピタル・マネジメントのパートナー、ジョン・キルダフ氏は「会見にはかなりの関心が集まったが、最悪のシナリオにはならないようだ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  4. 4

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  9. 9

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  10. 10

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。