記事

『所有しない社会』について考えてみる

1/2

国際大学 FTM フォーラム2012 グリーンテーブル:第一回目

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)は、『日本を覆う閉塞感を打ち破り、技術やイノベーションのあり方を根本から見直して未来を切り拓いていくために、また長期的観点から多様な人々が幸せになる社会を構想するために』と銘打ってフューチャー・テクノロジー・マネッジメント(FTM)フォーラム(議長:村上憲郎・国際大学GLOCOM教授、Google日本法人元社長・前名誉会長)を2011年10月に発足させ、企業の役員クラスをコアメンバーとして主として技術戦略に取り組むレッドテーブルと、ミドル・若手をコアメンバーとして社会のあり方等に主として焦点をあてるグリーンテーブルに分けてそれぞれ議論を進めてきた。

このグリーンテーブルの問題設定は自分自身の関心領域と重なるところも大きく、また選ばれたディスカッション・メンバーも、中堅・若手クラスのオピニオンリーダーとして興味深い発言が期待できると思えたこともあり、2011年度に開催された4回のうち3回に参加して、このブログでも参加報告を書いてきた。

本年度(2012年度)も、昨年同様4回の開催が予定されていて、今回その第一回目が開催されたので参加してきた。

第1回FTMラウンドテーブル(Green-Table)「“所有しない社会”とスマート社会の構想」: GLOCOM

開催概要は次の通り。

日時: 2012年8月28日(火)18時~21時

会場: 国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター

(東京都港区六本木6-15-21ハークス六本木ビル2F)

プログラム(敬称略)

18:00 ~ ご挨拶・FTMの紹介

18:10 ~ 話題提供「“所有しない社会”とスマート社会の構想」

       庄司昌彦(国際大学GLOCOM主任研究員/講師)

18:55 ~ ディスカッション

       川崎裕一 (株式会社kamado代表取締役社長)

       西田亮介 (立命館大学大学院特別招聘准教授)

       藤代裕之 (NTTレゾナント株式会社 新規ビジネス開発担当)

       森永真弓 (株式会社博報堂DYメディアパートナーズ i-メディア局 i-メディア戦略部

                メディアプロデューサー (兼) メディア環境研究所 上席研究員)

       庄司昌彦 (国際大学GLOCOM主任研究員/講師)

20:00 ~ 休憩 20:15 ~ オピニオンメンバー・会場も含めた全体ディスカッション

21:00   終了

前提

2012年度のグリーンテーブルの年間テーマは、『所有しない社会の構想』ということで、まず、座長の庄司昌彦氏より『”所有しない社会”とスマート社会の構想』というタイトルのプレゼンテーションがあり、それに引き続いてディスカッションメンバーの議論が始まった。庄司氏は、昨年来の取り組みを勘案した上で、社会が様々に変化する中で具体的に時代にフィットした最適なスマート社会を構想していくために、『所有しない社会』という社会像を仮想したいとする。庄司氏のプレゼンテーションの概要は以下の通り。

『リーディングズ情報社会』(公文編、2003年)等の整理によれば、情報社会論は1960年代から70年代の何人かの論者を源流としている。彼らの議論は、重厚長大な工業社会への反省やエネルギー・環境問題への対応が主要なテーマであり、軽薄短小で知的な、いわばスマートな社会を目指していた。しかし、少なくとも90年代中盤以降の情報社会論では、メディアやコミュニケーションに関する議論が有力となり、特にエネルギー・環境問題と関連させるような議論の影は薄かったと思われる。

 ところが、ユビキタスなデバイスによる生活環境の情報化や、米国のオバマ政権が「グリーンニューディール」政策で打ち出したスマートグリッドの導入、また福島第一原発事故後のエネルギー政策に関する議論の中で、再び、情報通信技術とエネルギー・環境問題を関連付けた議論が増えてきた。また、インターネットを支える技術者文化は自然と自由を志向するヒッピー文化と関連があり、それもまたハッカー集団の活動やソーシャルメディアを介した社会変革運動の世界的広がりの中で表出してきている。

 昨年度のGreenTableでは、シェア経済の実態や、「もっと、速く、良く」という価値観と技術の進展、「共感」といった人間的要素と技術の関わり、「個人」と「仕事」の関わりなど、現状に関する議論を深めた。今年度は、そうした議論を踏まえつつ具体的な未来のスマート社会を構想していくため、「“所有しない社会”」という社会像を仮想してみることとしたい。第1回となる今回は、過去の情報社会論との異動や4回の議論を通じて深めていく議論の基調となる報告を行う。

第1回FTMラウンドテーブル(Green-Table)「“所有しない社会”とスマート社会の構想」: GLOCOM

庄司氏の意図するところは十分に理解できるし、今回の到達点と考えているであろう地点も予想できないわけではない。ただ、議論の誘導という点では、問題の諸相と方向性があまりに多様で、ディスカッション・メンバーがやや当惑してしまったようだ。いざ、議論が始まってみると、メンバー各自の意見には興味深い観点があるのだが、どうしても論点が錯綜して議論が深まりきらない印象が残った。

この議題には、できればフリーディスカッションを始める前に、もう少し以下の潜在的な疑問に答える『仮説』を準備しておく必要があったように思う。

『所有しない社会』的な現象が現在起きてきていることを前提として、

その原因、理由、背景は何なのか?

一過性なのか、根本的な変化なのか? 

今後そうなったほうがいいのか? それを目指していくべきなのか? 

それとも元に戻すべきなのか?

社会を変えていくことを志向するべきなのか?

現状を認識した上で、個人(集団)が変化する(受け入れていく)べきなのか?

日本だけの現象なのか? 世界的な傾向なのか?

ゴールイメージ

加えて、今回は何を議論のゴールと考えているのか都度明言して、もっと議論を誘導してもよかったのではないか。

個々人のライフスタイルのあり方を問うことなのか?

新しいビジネスの可能性を模索することなのか?

政治的な取り組み課題として社会の改革案を策定することなのか?

『所有しない』に何故今注目すべきなのか

『所有しない社会』について議論を進めていく上で、何故今『所有しないこと』に注目すべきなのか、私なりに整理してみた。先ず以下の3点に分けて考えてみるのがよいと思う。そうすることで原因と結果が錯綜してしまいがちなこの論点に、一定の時系列的な道筋をつけることもできると考える。

所有しないのは・・

1. 所有できないから

2. 所有することが楽しくないから(罪悪感を感じるから)

3.所有しないことに積極的な意味があるから

あわせて読みたい

「ライフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。