記事

過剰還付の1500万円 1年半で使い切る額ではない

 大阪府摂津市が誤って1500万円を過剰に還付してしまった、1年半後に過剰還付を受けた男性に返還を求めたところ、既に使ってしまった…

 誰もがこれはないだろうと思うところです。

 送金ミスはもちろん問題ですが、とはいえ誤りであることは振り込まれた者であれば当然に認識し得たはず。

 自分が働いて、あるいは投資などでも良いですが、それは少なくとも自分で努力して稼いだものです。還付であろうと戻ってきたお金はあぶく銭ではなく、自分で稼いだカネが原資なわけですから、それをわずか1年半で使い切れってしまうことができるわけがありません。使い切れるわけがないというのは多額だからという意味ではなく、そんな無駄遣いするわけがないだろという意味です。

 本当に使ったのかどうかも問われると思います。

市のミスで「1500万円」も過大還付、すでに使った場合は「返さなくていい」ってホント?」(弁護士ドットコム)

 不当利得返還請求(民法703条)に基づく場合には現存利益を返還する義務を負います。悪意であれば全額に利息を付して返還する義務があります。

 この場合、浪費であれば現存利益なしと考えられています。形を変えて何かが残っているわけではないからです。借金の返済であれば、借金はなくなるという形で現存利益はあります。


2020年5月27日撮影

 この男性の代理人弁護士は、使ってしまった以上、返還を要求するのは酷だと述べていますが、誰も酷などと考えていません。

 この誤りが10万円、20万円程度で、そして還付金に喜んで、真実、遊興費で浪費してしまったというのであれば酷と考えられる場合があります。

 現存利益がないということの意味でもあるのですが、あぶく銭だから使ってしまえ、という発想は決して特殊なことではないからです。後から返せと言われるものであることを知っていたのであれば決して使いません(知っていれば悪意であり当然に返還義務を負う)。生活費に食い込むことはないと判断したからこそ浪費したのです。それを後から返せと言われたら生活費分を削って返還しなければならない…

 それはいくら何でも酷だといううことで現存利益に返還義務を限定しているわけです。それは仕方ないよね、という価値判断があるからです。

 とはいえ、1年半で1500万円ですか。1か月に100万円以上です。いくら何でも誤解する額ではないだろうというのが誰もが思う疑問です。この男性はこうした疑問にも答えるものでなければなりません。こうした疑問に答えるものでなければ誰も「酷」などと考えるものではありません。

 いずれにしても、大阪府摂津市の男性の対応が理解されることはないでしょう。

あわせて読みたい

「大阪府」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  5. 5

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  6. 6

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  7. 7

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    神社の行事負担に町内会「限界」

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。