記事

米1~3月期GDP改定値、5.0%減へ下方修正―企業利益はマイナス

U.S. Q1 GDP Growth Revised Down, Corporate Profits Decline.

米1〜3月期実質国内総生産(GDP)改定値は前期比年率5.0%減と、速報値の4.8%減から下方修正された。前期の2.1%増を下回り、2014年1~3月期以来のマイナス成長であることに変わりはない。マイナス幅は、2008年10~12月以来で最大だった。

今回、下方修正を促した項目は民間投資で寄与度は速報値のマイナス0.96%ポイントから1.83%ポイントと2倍近くも大幅な落ち込みとなった。特に在庫投資の下方修正が響いたほか、機器投資、知的財産、住宅投資も引き下げられた。

逆に、GDPの約7割を占める個人消費は速報値のマイナス5.26%ポイント→マイナス4.69%ポイントへ下げ幅を縮小した。純輸出や政府支出は、速報値から小幅に上方修正された。

チャート:Q1実質GDP成長率・改定値

チャート:国内の最終需要(変動が大きい貿易と在庫を除く)は前期比年率4.8%減と速報値の5.4%減から上方修正、国内総所得は同4.2%減

My Big Apple NY

GDP価格指数は1.8%上昇し、速報値の1.4%並びに前期の1.3%を上回った。コアPCEは1.6%上昇、速報値の1.8%から下方修正されたものの前期の1.3%は超えた。

企業利益は前期比年率13.9%減(税引き前・在庫品評価調整・減価償却済みベース)だった。前期の2.6%増を下回り、マイナスに反転。減少率は、少なくとも金融危機以降で最大だった。内訳をみると、金融と非金融そろって前期からマイナスに転じ、海外利益は2期連続で減少した。

チャート:企業利益は大幅マイナス

(作成:My Big Apple NY)

(カバー写真:Alberto Salvia Novella/Flickr)

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。