記事

中国軍幹部、独立阻止へ「武力行使も選択肢」 台湾反発


[北京 29日 ロイター] - 中国人民解放軍統合参謀部の李作成参謀長は29日、台湾の独立を阻止するために他の方法がない場合は武力行使も辞さない考えを示した。

李参謀長は、台湾との「平和的な再統一」の可能性がなくなった場合、人民解放軍は分離独立の動きを断固封じるために必要なあらゆる手段を用いると発言。「われわれは武力行使を放棄すると約束しておらず、台湾海峡の状況安定と制御のために必要なあらゆる選択肢を持っている」と述べた。

台湾の独立を阻止するため2005年に採択された「反国家分裂法」の制定15周年を記念する式典での発言。式典は人民大会堂で行われた。

同法は、中国が国家分裂と判断した場合に台湾への武力行使を認めている。

台湾政府はこの発言を激しく非難。武力行使の脅迫は国際法違反であり、台湾が中国の一部であったことはないと反発した。

行政院大陸委員会は「台湾の人々は決して、独裁も暴力に屈することも選択しない。軍事力や一方的な決定は問題を解決する方法ではない」と述べた。

*内容を追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  7. 7

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

  8. 8

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

  9. 9

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

  10. 10

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。