記事

木村花さん出演のテラスハウス 制作陣が作り出す“リアリティーショー”の実態

1/2

女子プロレスラーの木村花さんが22歳の若さで亡くなった。出演する「テラスハウス」(フジテレビ)での彼女の言動をきっかけにSNSで誹謗中傷されたことで、精神的に追い込まれてしまったことが原因の自殺ではないかといわれている。

テラスハウスはいわゆる「リアリティーショー」と呼ばれるジャンルの番組で、番組冒頭で「テラスハウスは見ず知らずの男女6人が共同生活する様子を、ただただ記録したものです」と謳い、「台本は一切ございません」ということをウリにしていた。

視聴者はその売り文句を信じ、テラスハウスで展開する物語を“リアル”なものとして捉え、共同生活をしているという出演者を出演者本人の実像だと思い込んでしまう。ドラマや映画の中での演技を見て、演じる役者をその役柄から誹謗中傷するようなことが起こらないのは、それがフィクションであることを視聴者が共有しているからである。

この手の「共同生活をウォッチングする」という体裁の番組は「テラスハウス」が最初ではない。今までにも放送されてきたフォーマットだが、私のように長年テレビ番組を制作してきた者が見ると、「ただただ記録したもの」では全くないことがすぐに分かってしまうので、素直に見ることができないジャンルでもある。

Getty Images

コスチューム事件 撮影現場の実態とは

今回、木村さんがSNSで誹謗中傷される原因となったのは、番組内で起きた「コスチューム事件」がきっかけといわれている。彼女が大切にしている試合用のコスチュームを洗濯し、洗濯が終わったコスチュームがまだ洗濯槽に残っていたにもかかわらず、共同生活を営む男性の一人が自分の洗濯物をその上から入れて洗濯し、コスチュームごと乾燥機にかけてしまったという事件である。

自分の体に合わせて10万円以上かけて特注で製作したというコスチュームは、乾燥機にかけたことで縮んでしまい、着ることができなくなってしまったのである。番組では、縮んだコスチュームを手に、木村さんが共同生活を行う女性の友人のところに相談にやってくるというシーンが描かれるが、そのシーンを検証してみる。

シーンの冒頭は、友人が1人で絨毯の上に座っている広い画(部屋全体が映るサイズ)から始まり、木村さんがその画の中に入ってきて(フレームイン)、友人の横に座るのだが、木村さんが座る場所にはあらかじめ白い大型のクッションが置かれており、明らかに事前に「位置決め」が行われていることが分かる。

さらに言えば、彼女はカメラのレンズに非常に近いところから画面に入ってくるのだが、普通、人は歩くときにカメラにはぶつからないようにある程度の距離を空けるものだ。それではメリハリの効いた映像が撮影できないと考えるカメラマンが「すみません、もっとレンズに近いところを通ってもらえませんか」と注文をつける、というのは現場では極めてよく見かける光景である。

そして、そこまで考えると、この前には何があったかというと、「はい、カメラ回りました」「了解、では木村さんお願いします。3、2、1、」というスタッフの声が響く部屋、という光景が目に浮かぶ。

リアリティーの裏には完璧な絵作り

ここで「えっ、カメラマンが近くで撮影していたの!?」と驚く読者もいるかと思うが、この手のリアリティー番組は、カメラがあらかじめ部屋に仕掛けてあって、まるで防犯カメラのように共同生活を行う男女の姿を記録し続けているというように思っている(思わせている)フシもある。しかし、カットのひとつひとつの構図を見ると、絵作りは完璧で、それはプロのカメラマンがしっかりと狙っているからこそ撮れる映像である。

シーンはこの後、泣きながらコスチュームを友人に見せ、乾燥機にかけた男性に対するうらみつらみを申し立てる木村さんと、同意しながらなぐさめる友人の会話が続くのだが、その途中で映像は画角や撮影ポジションが違うカメラの映像にテンポ良くスイッチングされる。

Getty Images

カットを見ながら数えていくと最低3台のカメラでこのシーンが“収録”されていることが分かる。そして、2人の会話の後半ではスマホを取り出してLINEのやりとりを確認するシーンがあるのだが、この時はLINEの画面が文字が見えるサイズで大写しになる。

これはいわゆる「インサートカット」と呼ばれるもので、一通りシーンの撮影が終わったあと、もう一度スマホを取り出すシーンを彼女たちに再現してもらい、カメラマンが彼女たちの真後ろに回り、そこから肩越しに手元のスマホをアップで撮影したものである。そして、その部分を編集時に差し替えるとシーンは完成する。

ことほどさように、このシーンは極めて丁寧に撮影、編集されていることが分かってもらえたかと思う。ただ、驚くべきはそこで展開される木村さんと友人のまったく自然な会話と中身のリアリティーである。そのリアルさがあるからこそ、視聴者はカメラの映像が切り替わったことなど意識することなく、内容に没頭できる。

カメラ前という非日常 演者が思わず見せる変化

木村花さんが、カメラ前で演じた嘆き。これはリアルなのか非リアルなのか。

私はドキュメンタリー番組を専らとしてきたディレクターである。ある有名な女性アーティストに密着したドキュメンタリーを制作していた時の話をしたい。

夏フェスの本番前の楽屋でのワンシーン。その女性アーティストは楽屋にあてがわれたテントの中で発声練習を繰り返している。出番が近づくにつれ、緊張が高まり、発声をしながらテントの中を歩き回る彼女。そして、緊張のあまり思わず吐き出すため息ともうめき声ともつかぬ声。

本番前の緊張感を表す絶好のシーンで、ファンなら固唾を呑んで見つめるところである。私は大学の講義でこの番組を学生に見せながら、ある重大な事実に気がついた。それは、彼女はテントの中で歩き回っているのだが、それはカメラの前を行ったり来たりしているだけで、決してレンズに背中を向けることはない、ということと、「アー」と緊張のあまり漏らすため息は、カメラから顔が一番よく見える場所でしか漏らしていない、という事実である。

あわせて読みたい

「テラスハウス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  9. 9

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  10. 10

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。