記事

ブラジル中銀総裁、非伝統的政策オプションに消極姿勢


[ブラジリア 28日 ロイター] - ブラジル中央銀行のカンポス・ネト総裁は28日、金融政策オプションはまだ尽きていないとした上で、ゼロ付近への利下げや紙幣を発行して債券を買い入れ、財政赤字を補填することには懐疑的であるべきだとの見解を示した。投資銀行BTGパクチュアル主催のオンラインイベントで語った。

総裁は、金利の「下限」を特定するのは難しく、複数の要因に左右されると指摘。また、他の金融政策オプションがなくなる前に債券を買い入れれば、中銀への信頼感が損なわれる恐れがあると述べた。

一方、自身が望むほど円滑に中小企業に信用フローが行き渡っていないことに懸念を表明し、同セクターへの信用供与を促す追加措置を近く発表する方針も表明した。

総裁は「金融政策は使い尽くされていないと考える。市場の安定化のほか、債務のマネタイズにつながらない目標を達成するため、公債を利用する手段がある」と述べた。

また「(金利)ツールを使い尽くす前に他のツールを利用することはリスクプレミアムの上昇を招く」とした。

ブラジル中銀は今月、政策金利を75ベーシスポイント(bp)引き下げ、過去最低の3.0%とした。次回6月の会合で追加利下げを実施する可能性にも言及したが、緩和サイクルはそれで打ち止めになる見通しだ。

ブラジル経済が今年、過去最大の落ち込みとなる少なくとも6%のマイナス成長を記録すると予想される中、景気支援に向けた中銀の政策オプションは限られつつある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  6. 6

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    韓国人記者に聞く日韓サッカー観

    森雅史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。