記事

議事録を「公表しない」と「作成しない」には天地の差。そもそもの行政文書ガイドラインの見直しを!

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

現在、新型コロナ対策で注目を集める専門家会議の議事録が「作成されていない」ことが報じられ、にわかに激しい議論が起こっています。

コロナ専門家会議、議事録作らず
https://this.kiji.is/638685726224139361?c=113147194022725109

私はもちろん「情報公開」を何より重要視する立場から、議事録を作成しないという政府のスタンスは論外だと思っています。

「議事要旨は公開されているじゃないか」

という反論もありますが、発表されている議事概要では外部から何ら検証できるレベルではありませんし、歴史的有事を後世の方々が振り返る時にも不十分な資料と言わざるを得ないでしょう。

参考:
新型コロナウイルス感染症対策 専門家会議(第1回)議事概要

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/gaiyou_r020216.pdf

では、どうしてこのような対応がまかり通ってしまうのか。

深堀りして考えてみると、そもそも政府が策定している「行政文書の管理に関するガイドライン」に問題があります。


こちらの発表にある通り、今回の新型コロナウイルス対応は「歴史的緊急事態」と認定され、記録を残すことが宣言されています。

しかしながら歴史的緊急事態であっても、なんと「政策の決定又は了解を行わない会議等」については議事録作成義務がないというガイドラインになっています。

①政策の決定又は了解を行う会議等

国民の生命、身体、財産に大規模かつ重大な被害が生じ、又は生じるおそれがある緊急事態に政府全体として対応するため、政策の決定又は了解を行う会議等

(作成すべき記録)
開催日時、開催場所、出席者、議題、発言者及び発言内容を記載した議事の記録、決定又は了解を記録した文書、配布資料 等

② 政策の決定又は了解を行わない会議等

国民の生命、身体、財産に大規模かつ重大な被害が生じ、又は生じるおそれが ある緊急事態に関する各行政機関の対応を円滑に行うため、政府全体として情報交換を行う会議等であり、政策の決定又は了解を行わないもの

(作成すべき記録)
活動期間、活動場所、チームの構成員、その時々の活動の進捗状況や確認事項(共有された確認事項、確認事項に対して構成員等が具体的に採った対応等)を記載した文書、配布資料 等

このように「発言者及び発言内容を記載した議事の記録」いわゆる議事録が必要なのは政策決定が行われる会議だけであって、あくまでアドバイスをするだけということになっている専門家会議については「議事要旨・概要のみでOK」という仕切りになっているわけですね。

しかし、このガイドラインにそもそも問題があると私は考えます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。