記事

韓国で感染者増加 全員にPCRをしたら二度と大きな感染は起きないという変な幻想は否定された

韓国で感染者数の増加を認め、再度外出自粛要請がかかるようです。


個人情報管理を行い、あれだけPCR検査をやりまくっていた国でこの状況。やはりコロナ制圧甘く見てはいけません。(正直もう少し長く続くと思っていたので意外です)

そしてPCR至上主義に今度こそわかって欲しい。いくらPCR検査をしてもこうやって患者数は再度爆発することがあり、それは仕方がないということを。本当コストが悪すぎる!もう一回多分収まると思うけど、全員にPCRをしたら二度と大きな感染は起きないという変な幻想は否定されたということを理解して欲しい。わかる玉川さん

それにしても、昨日のブログの北九州は、院内感染者数の影響もあるけど、新たに21人の患者発症。コロナは本当厄介だな。福岡県知事が出てこないのが少し心配ですが、クラスター対策班よろしくお願いします。

そして少しコロナの免疫についておさらい。
以前のブログに書いた細胞性免疫の記事の日本語解説版が出ました。

>SARS-CoV-2に対して典型的かつ強力な抗ウイルス免疫応答が起こっており、全ての人に抗体とCD4陽性T細胞(抗体応答のヘルパーT細胞)が誘導されていた。さらに、70%の人にはCD8陽性T細胞(感染細胞を殺す細胞傷害性T細胞)が誘導されていた。

>SARS-CoV-2流行前の健康人の40%から60%には、SARS-CoV-2の4つの蛋白質を認識するT細胞の免疫記憶が成立していた。また、この時期の全ての人のT細胞に4種の風邪のコロナウイルスのうちの少なくとも3種に交差反応性が示された。

アメリカの軽症者にしっかりした免疫の誘導が起きていたということ、そしてそして以前のウイルスに交差免疫が存在というとても魅力的な論文なのですが、ただこれがありながらなぜ欧米は死亡者が多いのかの説明は不明なんですよね。そこにあの中途半端な免疫理論が説明してくれそうなんですが。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  9. 9

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  10. 10

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。