記事
  • SmartFLASH

吉村洋文、「維新の会」議員仲間が妬む「総理待望論」

1/2

「維新を中・長期的に率いるリーダーであることは間違いない。衆議院議員の経験もあるし、まだ40代。首相にだって、なれるかもしれない」

 そう、“待望論” を語るのは、ある日本維新の会の国会議員だ。期待を寄せている “リーダー” とは、吉村洋文大阪府知事(44)である。新型コロナウイルス対策の舵取りで、大阪府以外からも注目を集めている。

「吉村知事の奮闘が奏功して、日本維新の会の政党支持率が、立憲民主党を上回り、10%を超えた。維新の国会議員からは、『よくやってくれた』と歓迎する声が上がっている」(ジャーナリストの鈴木哲夫氏)

 日本維新の会の中堅国会議員も、「馬場(伸幸)幹事長も連日、吉村さんのツイートをリツイートしている。“吉村人気” を最大限に利用しなくちゃね」と手放しで喜んでいた。

 国政が行き詰まると、地方自治体の首長が、“首相候補” に挙げられる。首相となった細川護煕氏(82)、民主党政権時には橋下徹氏(50)、2017年には小池百合子東京都知事(67)が支持を集めたのは、大衆の強いリーダーシップへの期待感からだった。それだけに、吉村氏への注目度は高い。

 彼の手腕を、ある公明党の大阪市議会議員はこう称賛する。

「2016年、大阪市が進める市営地下鉄の完全民営化に、自民党が反対していた。自民は、民営化を認める条件として、民営化後も市が新会社に関与することなど、12項目の要望を大阪市側に突きつけた。

 吉村さんは、『12のうち11はのむ。だから賛成してほしい』と譲歩してきた。これなら、賛成しないわけにいかない。いつも議会に対して喧嘩腰だった橋下さんにはない、見事な交渉術でしたね」

 調整能力の高さに、さぞ「維新の会」関係者からも期待を集めていると思いきや――。

あわせて読みたい

「吉村洋文」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。