記事

「今、パパ活市場に流れてくる女の子が多い」44歳独身男性が語る“コロナ禍で出会った、1回5万円の女子大生” アフターコロナのパパ活 #1 - 秋山 千佳

1/2

 女性が食事やデートに付き合う対価として、男性から金銭を受け取る「パパ活」。体の関係も含めて対面でないと成立しづらく、景気に左右されるこの活動に、新型コロナウイルスの影響が直撃している。

【画像】この記事の写真を全て見る(6枚)

 アフターコロナにパパ活はどうなっていくのか。揺らぐパパ活当事者の男女それぞれに今の率直な思いを聞いた。(全2回の1回目/後編に続く)

◆ ◆ ◆

「コロナでパパ活に対する意識はだいぶ変わりましたね」

 そう語りだしたのは、経営コンサルティング会社を経営する雅之さん(44)。6人の女性に月にして計150万円ほどのお手当を渡す「パパ」として、「文藝春秋」1月号および「文藝春秋digital」記事(「2020年の『パパ活女子』 援助交際と何が違う?」)に登場した独身男性だ。


©iStock.com

 前回取材から半年が経つが、当時の女性6人のうち、今も定期的に会っているのは1人だけ。パパ活アプリやデートクラブで知り合った4人はコロナに関係なく縁が切れたが、「外食・スパ・旅行要員」と位置づけていた20代女性については、「緊急事態宣言で外食しなくなったし、彼女がコロナをなめているのでしばらく会いたくなくて」と話す。

21歳の“清楚な女子大生”を紹介されたが……

 緊急事態宣言が出される以前は、パパ活を縮小しようとしていたわけではない。それまでとは違う出会いを求めて“斡旋者”に紹介を依頼した。

「パパ活サイトで女性たちに連絡しまくって他の男性やデートクラブに紹介するのを趣味にしている人がいるんです。彼の本業は、僕の取引先のサラリーマン。僕からのお礼はランチをおごるくらいですし、サイトでいい子を探すのはすごく大変なので助かりました」

 その斡旋者が昨年末に紹介してきたのはあるグラビアアイドルで、公称は20代半ばだが本当は29歳。容姿は文句なしで月40万円を渡していたが、時間にルーズなのと「体の相性が合わなかった」ため3月で終了した。

 そのタイミングで次に紹介を受けたのが、都内の女子大に通う21歳の大学生・愛美さんだ。清楚な雰囲気で、韓国留学が夢だと話していた。

「コロナの影響で飲食店のアルバイトがなくなって韓国に行けなくなりそうなので、彼(斡旋者)に助けを求めたということでした。お手当はこちらから尋ねる前に、『私は1回5万円いただきますが、それでよろしいでしょうか』と言うので決まりました」

 しかし、同月のうちに、雅之さんを原因不明の体調不良が襲った。

原因不明の体調不良で「何を食べても味がわからない」

 咳が止まらず、呼吸困難に陥り、体中に激痛が走って眠ることもできない。雅之さんは、これまでの人生で味わったことのない苦しさだったと回想する。

「あまりにきつくて午前3時にデリバリーの医師を呼んだら、体温だけ測って『熱がないのでコロナではありません』と言われてロキソニンを処方されました。結局、2週間寝込みました」

 愛美さんが来て近くのコンビニでレトルトカレーやキムチを買ってきてくれたこともあったが、何を食べても味がわからなかったという。新型コロナウイルスに感染していたかどうかは検査を受けていないので不明だが、直後に愛美さんも「風邪をこじらせた」と言って2週間ほど寝込むことに。

 また回復後、赤坂のラウンジで働く以前のパパ活相手から「コロナでお客さんがいないから来て」と頼まれて顔を出したが、その女性も4月に肺炎で入院した。「密」な関係性の中で、原因不明の体調不良が続出したのだ。

女性の“素人感”が合わなかった

 感染リスクを冒してまで会いに来てくれた愛美さんだが、雅之さんは3~4月に数回会ううち、関係を続けられないと判断した。雅之さんいわく、「私みたいな良い子は他にいないでしょという雰囲気を出してくるし、飲んだ物をそのまま置いて帰るとか掃除ができないとかだらしないし、性的なことでも自分勝手すぎる」というのが理由だ。

 パパ活は水商売や風俗とは違った素人の女性と出会えるのが男性側にとって魅力だと言われるが、「(愛美さんのような)素人感は僕には嬉しくない」とぼやく。

 愛美さんに計50万円ほどのお手当を渡して関係を終えた今、雅之さんのパパ活には、緊急事態宣言以前とは変わったことが2つあるという。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  9. 9

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。