記事

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の拡大により派遣スタッフの時給が低下!!!

明日の金曜日5月29日の雇用統計の公表を前に、ごく簡単に、リクルートジョブズによる4月のアルバイト・パートと派遣スタッフの募集時平均時給の調査結果を取り上げておきたいと思います。


アルバイト・パートの時給の方は従来のトレンドから外れているわけではないんですが、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響などにより、派遣スタッフの方は大きく低下に転じています。すなわち、上のグラフを見れば明らかなんですが、アルバイト・パートの平均時給の上昇率は+3%近い伸びで引き続き堅調に推移しています。詳細に見ると、三大都市圏の4月度平均時給は前年同月より+2.7%、+28円増加の1,075円を記録しています。職種別では「営業系」(前年同月比増減額+84円、増減率+6.7%)、「事務系」(+33円、+3.0%)、「専門職系」(+31円、+2.6%)、「製造・物流・清掃系」(+26円、+2.5%)、「フード系」(+1円、+0.1%)など5職種で前年同月比プラスとなり、唯一マイナスは「販売・サービス系」(▲2円、▲0.2%)だけでした。

地域別でも、首都圏・東海・関西のすべてのエリアで前年同月比プラスを記録しています。他方で、三大都市圏全体の派遣スタッフの平均時給は、昨年2019年7月統計から10か月連続でマイナスを続けており、三大都市圏の4月度平均時給は前年同月より▲1.6%、▲26円減少の1,607円を記録しています。職種別では、「営業・販売・サービス系」(前年同月比増減額▲14円、増減率▲1.0%)、「オフィスワーク系」(▲6円、▲0.4%)、「IT・技術系」(▲4円、▲0.2%)の3職種がマイナスとなり、プラスは「クリエイティブ系」(+41円、+2.3%)、「医療介護・教育系」(+21円、+1.5%)、の2職種にとどまっています。また、地域別でも、関東はプラスだったものの、東海・関西はマイナスを記録しています。

アルバイト・パートと派遣スタッフで時給の動向が大きな違いが生じたのですが、2008~09年のリーマン・ショック後の雇用動向を見た経験からも、先行き、非正規雇用の労働市場は悪化が進む可能性があると覚悟すべきです。

あわせて読みたい

「派遣社員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  4. 4

    不気味に大人しい小池百合子知事、目線の先にあるものは…?ワクチンの集中要請と追加経済対策を急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月30日 08:12

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    感染爆発の震源地 選手村のPCR検査は極めてズサンだった 

    田中龍作

    07月30日 09:14

  7. 7

    ニュースの見過ぎで疲れた人にすすめたい「ニュース・ダイエット」

    御田寺圭

    07月30日 10:35

  8. 8

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

  9. 9

    「ここまでのコロナ対策が失敗だったと認めた方がよいのではないか」杉尾秀哉議員

    立憲民主党

    07月29日 19:13

  10. 10

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。