記事

甲子園をシレッと中止にしてしまう高野連と朝日新聞の無責任

1/2

「夏の甲子園」が中止になった。このタイミングで中止を決めてよかったのだろうか。中止を聞いた高校球児たちはどう受け止めたのだろうか。スポーツライターの酒井政人氏は「主催者は例年通りの開催は困難でも、高校3年生のためほかにできることがないか模索するべきだ。高校野球のもつ巨大な価値を、関係者が正確に理解する必要がある」という——。

コロナウイルスパンデミックの非常事態の下、青で照らされている、阪神甲子園球場(2020年5月4日)

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SakuraIkkyo

「春の甲子園」「夏の甲子園」同学年で両方中止は史上初

5月20日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、日本高校野球連盟と朝日新聞社は8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会の「中止」を決定した。

すでに多くの報道があるが、筆者も知り合いの高校野球部A監督に話を聞いた。そのリアルな声をお伝えするとともに、高校スポーツの在り方について考えてみたい。

A監督によると5月15日のスポーツ報知で「夏の甲子園が中止する」という記事が出たが、すぐに地元の高野連からメールで「今回の報道は事実ではないので、動揺しないように」という連絡があったという。

「単なる誤報なのか、それとも事実の話が漏れて高野連が火消しに回ったのか。どちらなのかなと不安な気持ちで数日間を過ごしました。その後、20日にメールで大会中止の連絡があったんです。それを受けて、生徒たちに一斉メールで知らせました」

休校になっているため、A監督は部員たちの顔を直に見ることなく、悲痛の連絡を送ったことになる。そのうち最後の夏となる3年生から4人ほどメールの返信があった。それは嘆き悲しむ内容ではなかった。「前向きに頑張ります」「これからもよろしくお願いします」。さらに監督を気遣う言葉もあったという。

球児たちは大人が下した決断を、仲間と聞くことすら許されなかった。その喪失感、絶望感を思うと、かける言葉は見当たらない。悔し涙を流した選手もいたことだろう。A監督も苦しい胸の内を話した。

「8月だったらやれそうな気はするんですけどね。ただ万が一、代表チームに感染者が出た場合はチームの大半が濃厚接触者になるわけなので、出場辞退になります。そういう可能性が考慮されたのかもしれません」

地方大会の代替大会を一部の都道府県で実施予定だが……

高校野球は地方大会も中止となったが、代替大会の実施は都道府県の高野連に委ねられている(※) 。A監督の県では開催が決まっておらず、モヤモヤした気持ちを抱えたまま、選手たちの前に立たなければいけない。

※編集部註:5月27日に高野連は、各都道府県高野連が検討している独自の大会や試合で活用してもらう実施要項と新型コロナ感染防止対策ガイドラインを発表(大会は都道府県高野連が主催、休校措置・部活動制限の枠組みの中で実施、原則として無観客試合、試合時期は8月末までに終了、参加校全員の検温や「3密」の徹底的な回避、など)。

「どうやったら夏の大会を開催できるのか。広く意見をすいあげて、検討してほしかったというのが本音です。ただ決まったことは、どうしようもありません。それよりも子どもたちのフォローをどうするのか。まずは学年ごとのオンラインミーティングをしようと思っています」

A監督が最も気にしていたのが3年生の進路だ。例年、大学野球部の主催するセレクションは夏に行われることが多い。しかし、その段階ではスポーツ推薦枠がほぼ内定しており、大学からすれば“掘り出し物”を探す場所になっているという。

「実績のある選手は2年生の秋の段階で大学から声がかかります。そこでかからなかったら、こちらから売り込んでいかないといけません。大学への進学を考えると、春季大会がなくなったことが痛いですね。あと練習試合もないので、とにかく見てもらう機会がないんです。そうなると名門校のレギュラーを、実際は見てないけど、取ってしまうという流れが強くなると思います」

A監督の学校は近年力をつけているが、まだ甲子園の出場はない。そのようなチームだと今年は強豪大学にスポーツ推薦で進学するのは難しい状況になるかもしれない。3年生にとっては厳しい戦いが続くことになる。

全国大会の中止は3年生の未来に影響する

夏の甲子園だけでなく、インターハイ(全国高校総体)、それから文化系部活動も今夏に開催予定だった全国大会が軒並み中止になっている。いまだ休校が続いている地域もあり、この厳しい現実を受け止めざるを得ないだろう。ただし、スポーツでの可能性と限界を見極めるためにも、高校3年生には何かしらの“ゴール”が必要ではないだろうか。

なぜなら高校でスポーツに区切りをつける人が多いからだ。大学や社会人、もしくはプロでスポーツを継続できるのか。自分にその可能性があるのか。全国大会へと続く道のなかで、自問していくことになる。その機会が失われてしまうことは、3年生の未来に影響する。

従来のような全国大会は無理でも、自分はどこまでできるのかが見極められる実践の場を大人たちがつくっていかなければいけないだろう。

「高校生のやる気を食い物に」「高野連はリスクとるべき」

5月21日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、社会学者の古市憲寿氏が、「甲子園、これ絶対無理だと思いますか?」と尋ねる場面があった。その後、古市氏は続けた。

「本当にちゃんと大人が頭をひねったかっていうことがすごい疑問です。甲子園ってある意味、高校生のやる気を食い物にしたイベントだったわけじゃないですか。高校生にギャラも払われず、高校生たちを使ってきたイベントで、それに対して今、大人側が本当に高校生に向き合ってきたのかなってちょっと疑問だなって思っちゃいましたね」

大阪府の吉村洋文知事も夏の甲子園中止について、5月20日、府庁で記者団を前に「僕自身はやってほしかった。高野連はリスクをとるべきではないか。考え直してほしい」と再考を求めている。

日本高野連は無観客での開催なども視野に入れて慎重に検討を進めてきたが、準備期間が十分に確保できず、8月上旬までに代表校がそろうのは困難と判断。さらに宿泊、長距離移動による感染リスクが高まることを懸念している。

日頃、子どもたちに「あきらめるな」といっている大人たちが、早々とあきらめている現実に対して、高校生は何を思うだろうか。筆者も古市氏や吉村知事と同じ感覚だ。例年通りの開催は無理でも、「やれる可能性」を探ることで、全国規模の大会もできるのではないかと思っている。

使い込まれた野球ボール

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/gyro

こんなプランはどうだろうか。

各地方大会で例年通り1校の代表(優勝)校を決める。試合は週末のみで、移動のリスクを減らすために、まずは地域ごとで戦う方式を採用する。その後、全国大会として、代表校は週末に近くの都道府県の代表校と、甲子園ではなく近隣の球場を使用するというプロセスだ。

週末ごとに各地で試合を行うことで大会期間は長くなるが、移動や宿泊は最低限で済む。コロナの収束と球場スケジュール次第では、ベスト8くらいからは甲子園でもプレーできるかもしれない。

ささやかな花道を用意してあげようではないか

全国大会がなくなり、球児たちには寂しい夏になるが、この際、「高校野球の取り組み」を考え直してもいいと思う。

例えば、球児たちに夏の甲子園(地区予選)以外に真剣勝負できる舞台を設定するのはどうだろうか。愛知県の中京大中京高校と大府高校の野球部は、夏の地区予選でベンチ入りできなかった3年生による親善試合を、2000年から実施している。このように夢に届かなかった選手たちに“花道”を用意する企画を、他の学校でも採用できないだろうか。

球場の照明塔

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/MasaoTaira

高校野球は負けたら終わりのトーナメント。出場する半数の学校が1回戦で姿を消すことになる。ベンチ入りできたとしても、一度も公式戦に出ることなく終わってしまう球児は少なくない。これは「教育」の観点から考えても、修正の余地があるといえる。

多くの選手に出場チャンスを与えるという意味では、各地区大会が終わった(敗退した)タイミングで、地元代表(優勝)を除く学校でいくつかのグループをつくり、リーグ戦を行ってもいい。そこに3年生を出場させるのだ。この「花道大会」の回数を重ねていけば、認知度が上がり、地元を盛り上げるローカルイベントとなる可能性もあると思う。

甲子園という大きな目標ではなく、もっと身近な目標を与えることで、弱小校の選手たちも輝くことができ、引退後に部活動を振り返ったときに一定の満足感と自己肯定感を味わえるに違いない。

高校野球の“特別”を生かしていないのが大問題

高校スポーツには、「都大路」(駅伝)、「花園」(ラグビー)、「選手権」(サッカー)、「ウインターカップ」(バスケ)、「春高」(バレー)のように通称で呼ばれるような高校生憧れの大会がある。しかし、甲子園の人気は別格で、高校野球は“特別”だという雰囲気がある。

スタンドには野球部員以外の生徒が授業を休んでまで応援に来ている学校もある。応援団やチアリーダー、吹奏楽部などの応援も華やかだ。他の運動部の大会とは大きく異なる。

令和元年度の状況になるが、高体連の加盟登録者数は約119万人。一方、高野連の登録部員数(硬式)は約14万人。人数はインターハイのほうが多いが、中止報道は甲子園のほうが圧倒的に多かった。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  4. 4

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

  8. 8

    韓国に完敗した日本のエンタメ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナ後遺症だけが特別ではない

    名月論

  10. 10

    今では耳を疑う島耕作の転勤描写

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。