記事
  • 女性自身
  • 2020年05月28日 11:00 (配信日時 05月28日 11:00)

夏の暑さが第2波到来に影響…熱中症対策で換気できず“密”に

6月からの登校開始を発表する学校も(写真:時事通信)

緊急事態宣言が解除された今後、外出時に気をつけるべき点を「のぞみクリニック」の筋野恵介院長に聞いた。

「役所などでは、いまはオンラインで手続きを済ませられることも増えています。オンラインで申請できるものはオンラインを使うことも対策になります。飲食店に関しては、店側が座席をひとつ置きにするなどして距離を取れるようにしたり、入場制限するなど、努力と工夫が必要です」

帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は、交通機関を利用する際にこんな対策を取っているという。

「私は電車に乗った後は、衣服が触れる部分はアルコール消毒をしています。やりすぎと笑われるかもしれませんが、まだまだこの状況下では、“やりすぎ”ということはないと考えています。自粛解除イコール“もう大丈夫”ではないので、くれぐれも勘違いしないでほしいですね」

これから日本は夏を迎える。3密を避ける生活を送るうえで、“暑さ”も今後に影響を及ぼす可能性があると、筋野院長は指摘する。

「これからの季節は、注意が必要でしょう。それは、夏だと換気が難しくなるからです。春なら窓を全開にしておいても問題ないですが、換気のためとはいえ、学校や介護施設などで猛暑のなか窓を開けっ放しにしておけば、クーラーも効かず熱中症のリスクも生じる。ですから、換気対策が今後の課題になりそうです。

ただし、クラスターの発生を完全に防ぐことは難しい。症状のない軽症者は感染が確認されるまでわかりませんから、1人の感染者が集団に入り込んでしまえば、感染が拡大する可能性はあるのです。マスクをする。毎日体温を測る。可能な限り、人と接触しない。そうしたことに気をつけて、われわれは日常生活を送るしかないのです」

解除されたことで生じる“気の緩み”が集団感染につながりかねない現実を忘れてはいけない。

「女性自身」2020年6月9日号 掲載

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。