記事
  • Sozen
  • 2012年09月02日 09:48

原発なしでも夏を乗り切れた意味

昨年を上回るペースで猛暑日や熱帯夜の続いた今年8月の電力需要は伸び、東京電力管内の電力供給量は前年比6.5%増の275億kWhになったと推定されます。
とはいえ、今年以上の猛暑と景気の回復傾向に加え震災前で節電と無縁だったという条件の重なる2010年の同月に比べると12.5%のマイナス水準です。

リンク先を見る

関西電力管内でも猛暑のため8月の電力需要は146億kWhの年初来最高となっていますが、昨年と違って原発の稼動が2基に留まることもあって節電が進められ、前年比2.5%減で2010年比は11.3%のマイナスとなりました。

リンク先を見る

関電管内の日々の最大電力需要は供給能力に対して余裕のある水準に留まり、7~8月の供給力最大利用率の平均は85%でした。
夏場の2か月間で日中の最大電力が大飯原発の2基を再稼動しなかった場合の供給能力(上図の赤い線)を超えたのは、8月17日のわずか1日に過ぎません。その超過量は13万kwですから、大型ガスタービンが1基あれば賄えますね。

もちろん不測の事態に備えて供給予備率を高めておくことは重要ですし、厳しい残暑によって9月前半に電力需要が大幅に伸びる可能性もまだありますが、これまでの結果として原発再稼動の必要性はあまり高くなかったと言えるかも知れません。

これは、脱原発派には好ましい結果なのでしょう。ただ、猛暑日が続いたにも関わらず原発なしで乗り切れるというのは、単純に節電効果によるものなのでしょうか。

石油連盟のデータによると、猛暑を受けて石油元売による発電向けC重油の国内出荷量は8月上旬に日量43万バレルの過去最高を記録するなど堅調にも関わらず、日本の総原油処理量は6月中旬以降11週連続で前年比マイナスとなっています。

また、1~7月の対中輸出額が前年比9.1%減となるなど輸出向けの素材や部品の需要減退も顕著です。
電力供給不安による節電が日本国内の産業活動を抑制して不振を煽っているというより、国際的な景気減速のため国内エネルギー需要も全体として減り節電が容易になっていると考えるべきなのでしょう。

では、いずれ世界景気が力強い回復を示す時には電力供給不足が深刻化するのでしょうか。
製造業の海外移転加速によって、エネルギー需要は頭打ちという可能性も高そうですね……

あわせて読みたい

「電力」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  6. 6

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  9. 9

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。