記事

橋下徹「黒川検事長賭けマージャン事件と自粛強要の共通点」

1/2

検察ナンバー2の東京高検検事長が、賭けマージャンの事実を認め辞職した。検事総長の下した処分は「訓告」という軽いものだ。一方、国民の多くは新型コロナの蔓延防止のために補償の定かではない営業自粛や外出自粛に淡々と応じている。それでいいのか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(5月26日配信)から抜粋記事をお届けします。

(略)

国民には建前を強要、権力側は本音に逃げるのでは法治国家といえない

黒川弘務東京高検検事長が、緊急事態宣言中の5月に、産経新聞と朝日新聞の(元)記者たちと賭けマージャンをしていたことが発覚し辞職した。

麻雀ゲーム

※写真はイメージです。 - 写真=iStock.com/powerofforever

(略)

法律の建前は、ちょっとしたお菓子や食事を賭けただけなら賭博罪にあたらないが、現金を賭けた場合にはたとえ少額であったとしても賭博罪にあたるということになっている。

ここは法律界の常識。黒川さんも法律家、しかも刑法の専門家中の専門家である以上、このことを当然認識している。

法律には建前と本音の両面がある場合がある。道路を走っている車を見れば、だいたいは法定速度をオーバーしている。それでもたまたまスピード違反の取締りにひっかかってしまったら、切符を切られ反則金を払わされる。それを拒否して裁判にでもなれば罰金という刑事罰を食らうことになる。

「みんなこれくらいのスピード違反はしているじゃないか!」と言ったところで、その言い分は通らない。

これが、国家としての秩序維持機能だ。国家権力は、国民に対して建前を強要して、国家の秩序を維持している。

(略)

そんな中、検察組織のナンバー2で、次期検事総長候補と言われていた黒川さんが1000点100円以内の賭け金で、(元)新聞記者たちと賭けマージャンをやっていたところ、その程度の金額では刑事上は問題ないとして、検事総長による訓告処分だけで終わった。

(略)

建前を国民に強要してきた張本人の検察組織が、自分たちの身内が建前に引っかかったら、今度は本音を持ち出して、見逃しをはかる。

(略)

これはもう法治国家じゃない。権力側が法を都合のいいように扱う人治国家、そう北朝鮮と何ら変わんないよ!

(略)

自粛しないだけで非国民扱い……これでは戦時中と変わらない

権力側が自分たちに都合のいいようなことをやっているにもかかわらず、日本国民は国家権力に対して従順だ。

5月25日、新型コロナ感染症に対する緊急事態宣言は、すべての都道府県において解除されると発表された。これから社会経済活動が再開する。

ところが、緊急事態宣言が解除されたというのに、まだ一部営業の自由の制限は残り、社会経済活動の再開は徐々に進めていくという感じだ。

確かに感染の爆発的拡大を防ぐという目的において、徐々に再開を進めていくという政治行政の意図はわかる。

しかし、緊急事態宣言が解除された後の、国民の営業の自由の制限は、いったいどんな法律に基づくのか?

(略)

さらにそもそも特措法が適用されていなかった3月上旬においては、政治行政は、法律に基づかない自粛の「お願い」をバンバンやっていた。3月の外出自粛要請もイベント中止要請も法律に基づかない「お願い」だったんだよね。

この「お願い」によってイベントは次々に中止に追い込まれ、イベント主催者や事業者は多額の損失を被った。

(略)

国民にとって一番重要なのは、政治行政の「お願い」というものに、国民はどこまで従わなければならないのか? ということ。ここがポイントなのに、国会もメディアも学者もまったく的外れな議論を展開していた。

結論としては、従うも従わないも国民の自由なんだ。この大前提が、今の日本国内において理解されていない。

政治行政からの自粛・営業停止の「お願い」について、国民が従うか従わないかは自由だからこそ、仮に国民が従ってお店を閉めても政治行政から補償は出ない。それは、あなたが自分の意思でお店を閉めただけでしょ? となってしまう。

これで本当にいいのか、というのが僕の問題意識の根本だ。

(略)

先の戦争によって政府が国民に多大な犠牲を被らせたことを大反省して、日本国憲法が作られた。戦争当時は国家の利益のために、国民の権利、自由、そして命までもが簡単に犠牲にされたが、今後はそんなことにならないように、国民の権利、自由をしっかりと保障し、みだりに国家権力がそれを侵すことができないような法体系を作った。

そして戦後教育において、国民の権利、自由の大切さや、そのために国家権力は憲法や法律によって制限を受けることを、僕らは散々習ってきた。

ところが、だ。

いざ、新型コロナウイルスの感染危機に直面すると、国民の権利、自由がなんと軽く扱われることか。なんの根拠に基づくのかわからない政治行政からの「お願い」に、国民は必ず従わなければならない「空気」が作られる。

政治行政からの自粛要請に従わなければ、非国民扱いされて、総バッシングだ。

(略)

開店し続けるお店、イベントを開催し続ける事業者も激しいバッシングを受ける。政治行政からの自粛「お願い」に従うかどうかは、あくまでも国民の「自由」であるにもかかわらず。

(略)

戦時中って、きっとこんな雰囲気だったんだろうね。お国のために国民は犠牲になれ! お国に従わない者は非国民だ!

(略)

国=多数の国民のために犠牲になった者へは徹底した補償をすることが、国家としての重要な背骨だ。日本は軍人に対する戦争補償はしっかりと行うが、一般国民への補償はしない国なんだ。

先進国の中で、国民に対する一般的な戦争補償制度がないのは日本くらいだ。一般国民は、お国のために我慢させられる。

どうもその思想が、新型コロナ感染症対策の中にも流れているような気がしてならない。

(略)

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。