記事

株価とリートの足元のメモ

緊急事態宣言の解除によって株価が堅調である。不動産投資信託(リート、REIT)の価格もじわっと上昇している。とはいえ、このまま順調に上昇すると考えるのは難しい。

緊急事態宣言の解除が3密どころか、喜び勇んで蜂蜜(8密)に到達して、コロナを喜ばせかねない。当然の予想である。この今後の株価が経験するだろう状況だが、どの投資家もある程度織り込んでいる。

とはいえ、株式市場は楽観の部類に位置しているのではないか。今年はともかくとして、来年、再来年がどうなるのか、現在は誰にもわからない。その中で株式市場は、ワクチンができ、治療薬も出てきて、元通りの経済活動が可能になると踏んでいる。

この点、債券市場の悲観的な傾向との差が大きい。債券の場合、どの国も大量の国債発行を計画しているため、供給過剰である。このことも大きく影響しているのだろうが。

株式市場が抱える大きな問題は、業績の格差が拡大することである。どの企業が恩恵を受けるのか。そこまでいかなくとも、コロナのチャンスをとらえ、いかにして業績の追い風とするのか。逆に、逆風となる企業も多いはずである。この見極めが重要となる。

そんな中、ほぼ確実に言えることがある。オフィスやホテルを運営するREITには大きな逆風である。知っている範囲の情報では、都心部のオフィスが贅沢だとの意見が強くなっている。今までのように一等地にある必然性もない。必要だとしても、狭い面積で十分だろう。

旅行客はどうなのか。とくに海外からだが、今までのように来るとしても、かなり先のことだろう。日本から海外に行くのも、とくに発展途上国へは躊躇してしまう。日本に来る観光客からすれば、検査も十分にしてくれない国だとの評判は、当面致命的な欠陥であろう。

以上からすれば、株価やREITの価格、まだまだ波乱含みだと想定し、対処することが望ましい。以上、メモである。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  8. 8

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  10. 10

    専門家会議 廃止をめぐり疑念も

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。