記事

トランプ氏のツイートに初めて「真偽確認」警告、郵送投票巡る主張で


[サンフランシスコ 26日 ロイター] - 短文投稿サイト運営の米ツイッター<TWTR.N>は26日、トランプ米大統領のツイートに初めて、読者にファクトチェック(真偽確認)を促す警告マークを表示した。

トランプ氏はこの日のツイートで、郵送投票は「実質的に不正」であり、「不正選挙」につながると主張。郵送投票を採用する州が複数ある中でカリフォルニア州知事だけを取り上げ、攻撃していた。

このツイートには青い「!」マークとともに、郵送投票に関する真偽確認を促すメッセージが表示され、クリックすると、ツイッターが集めた郵送投票に関するニュースや情報を掲載したページに移動する。

ページは見出しに「トランプ氏は郵送投票が不正投票につながるとの根拠のない主張をしている」とあり、その下で、同氏のツイート内の誤った、あるいは誤解を招く3つの主張を訂正している。

この対応を受け、トランプ氏はツイッターが2020年大統領選に干渉していると主張。「ツイッターは言論の自由を完全に抑圧している。私は大統領としてそれを許さない!」とツイートした。

同氏のフォロワー数は8000万人を超える。

トランプ陣営のブラッド・パースケール選対本部長は「シリコンバレー(企業)があらゆる手を使って、トランプ大統領のメッセージが有権者に届くのを妨害すると分かっていた」と述べた。

ツイッターによると、トランプ氏のツイートに真偽確認の警告マークを表示したのは今回が初めて。

同社は今月、新型コロナウイルスに関する誤情報や、真偽の怪しい情報の投稿に、ラベルと警告メッセージを表示する機能を導入し、他の話題に関する誤情報への対策にも活用すると発表していた。

同社は26日、トランプ氏のツイートへの警告表示に先立ち、2001年に死亡した議会スタッフに関するトランプ氏のツイートを削除しないと発表。このスタッフの遺族は同社に対し、トランプ氏の投稿内容は虚偽だとして削除を求めていた。

ツイッターの広報担当者はロイターに対し、2件の対応の違いについて、後者のトランプ氏のツイートは選挙の公正さに関わるため、と説明した。

*内容を追加します。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  5. 5

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。