記事

コロナ後を考えよう

緊急事態宣言が解除された。 これから徐々に生活も経済も平常に戻っていくのだろう。

もちろん、再発の危惧は残っているので、十分に気を付けて平常化への道を進んでいきたいものだ。

とはいえ、敢えて言うと、ちょっと騒ぎすぎの面もある。 そういった大騒ぎも急速に収まっていこう。

ウイルスという眼に見えない敵が相手だから、感染や死の恐怖はずっと付きまとう。 それは否定しない。

しかし、すべての生命体はあらゆる細菌や病原菌と共生している。 その共生から、免疫力や抗体が高められてきているのも事実である。

もちろん、いろいろな風土病やエボラ出血熱などの感染病も、ひんぱんに人の命を脅かしている。

あるいは、中世のペストのように、当時のヨーロッパで人口の4分の1から3分の1を奪った死の恐怖もある。

とはいえ、いずれも流行のピークを過ぎたり、ワクチンなど予防法の出現で、自然と収まっていっている。

そう、コロナウイルス問題も時間の経過とともに過去のものになっていくのだろう。

一方、世界の経済に大きな痛手をもたらしたウイルスの爪痕は、やっかいな問題を残してくれた。

その最たるものは、各国の財政の急悪化だ。 人の移動制限で、経済活動が空白となった。

各国は、生活基盤を奪われた人々の収入補助や事業存続のための資金として、膨大な財政支出を余儀なくされた。

それを、どう賄っていくのか。 緊急事態が収まっていくにつれて、その問題が浮上してくる。

日本でいうと、昨年末で国の借金は1117兆円もあった。 日本国民が無給無償で働き続けて得られる富の、2年分ちょっとだ。

そこへ、100兆円を上回る緊急対策費が計上されたのだ。 とんでもなく巨額の国の借金だが、どう賄っていくのか。

王道は経済を活性化させて税収入を高めていくことだ。 それができず、逆に、もう30年近く国の借金は増え続けている。

そこで、頼りとしてきたのが、赤字国債の発行である。 打ち出の小槌ちのように振って、国の財政を賄ってきた。

その結果、国債の発行残高はうなぎのぼりで積み上がってきた。 そして、その47%を日銀が保有しているのだ。

国や日銀は財政ファイナンスではないといっている。 財政ファイナンスは、インフレに直行するからと法律で禁じられている。

だが、誰が考えても財政ファイナンスである。 ということは、今のうちからインフレへの備えをしておくに限る。

インフレにからきし弱いのは、年金生活者と預貯金者である。 一刻も早く、本格的な長期投資に財産をシフトさせておこう。

さわかみファンドは、インフレ到来と、それを乗り切っていく過程で、世の評価が大きく高まるのは間違いない。

できるだけ多くの方々に、いまのうちから「さわかみファンド丸」の乗船しておいてもらいたいと、強く願う。

あわせて読みたい

「インフレ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。