記事

【5分で分かる】InstagramとTwitterのハッシュタグの特徴、使われ方の違い【書き起こし】

1/2

どうも、ガイアックスの重枝です。今日はツイッターとインスタのハッシュタグの使われ方の違いから見える、ユーザーの行動の違いについてお話させていただきます。

※本記事は「ガイアックス ソーシャルメディアラボ」の公式YouTubeチャンネルで配信した内容を書き起こしてまとめたものです。

1. TwitterとInstagramの違い

ソーシャルメディアとしての性質が異なる


日本ではTwitter、Instagram、Facebook、LINEが「4大SNS」などと言われることがあります。しかし、私から言わせればソーシャルメディアとして際立っているのはTwitterかInstagramです。

どちらもフォロー・フォロワーという関係のネットワークを通じて情報が有機的に伝播していくという性質を備えていますが、この2つは使われ方が全く違います

一番分かりやすいのはハッシュタグの使われ方の違いです。ハッシュタグをクリックするとそのハッシュタグのついた投稿がズラっと並ぶという点はInstagramもTwitterも同じですが、InstagramのハッシュタグとTwitterのハッシュタグは、流行っているハッシュタグがまったく違います

共時性で盛り上がるTwitter


Twitterのハッシュタグは、その時に盛り上がっているネタがよく使われます。例えば「#大喜利」をつけて大喜利をしていたり、ラピュタを見ながら「#ラピュタ」「#バルス」と言っていたりなどです。また、サッカーの代表戦をしていれば「#日本代表サッカー」、オリンピック延期のニュースが流れてきたら「#オリンピック延期」というハッシュタグなどが使われます。

いわゆる、時を共にするという意味での共時性を体験するためのハッシュタグがTwitterではよく使われます。よくマーケティングのアカウントなどで、「#投資」や「#スポーツ」といったような単純なハッシュタグが付いていますが、実はこれはあまり意味がありません。このようなハッシュタグで検索して情報を集めている人というのは、あまりいないからです。

それよりも、Twitterの場合はほかのユーザーと一緒の時を過ごすための、共時性を強調したハッシュタグを使うのが良いです。

好きな対象を通じて繋がるInstagram

Instagramの方は、「#投資」を使う人はあまりいませんが、先ほどの「#スポーツ」のように、対象を表すハッシュタグがよく使われます

それはInstagramが時を共にするわけではなく、好きな対象を通じてほかのユーザーと繋がるメディアだからです。Instagramでは自分の好きな物を探したり調べたり、自分が気に入っている物を発信するために使われています。そこには時間の感覚はあまり関係がありません。

同じハッシュタグでも使われ方が違う


Instagramでは自分の好きなブランドや、自分がこれから行きたい旅行先のハッシュタグを探す一方で、Twitterではその旅行先の現地が今どのような状況か、台風が来ているのか、それとも天気が良くて小春日和なのかというような、リアルタイムの情報が求められます。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。