記事

東京都認可のパチンコ店団体が苦渋の決断 休業で都と足並み揃わず、執行部総辞職へ

都内のパチンコ770店が所属する都認可団体の東京都遊技業協同組合(都遊協)は5月25日、緊急事態宣言の解除を受けて店舗休業を継続するかは各店舗の経営判断に委ねた。東京商工リサーチ(TSR)の取材に、都遊協の担当者が明らかにした。

「組合員の9割が休業要請に従った。再開について都に要望を出したが、回答はなかった」としたうえで、「これ以上、休業を継続すると事業継続が難しくなる。都遊協として(加盟店舗への)休業要請を止め、再開は各店舗にゆだねることを決めた」と都遊協の担当者は経緯を説明した。

都遊協によれば、「十分な補償もなく、まだ東京都感染拡大防止協力金も届かず、すでに1カ月半の休業を継続している。さらに1カ月が見込まれる休業延長には耐えられず、到底受け入れられない」と業界の窮状を訴え、都の対応に疑問を投げかけた。

都遊協は、緊急事態宣言解除後の1都3県のパチンコ店の再開がバラバラになっていることも指摘した。埼玉県は感染対策を条件に、パチンコ店の休業要請をすでに解除している。神奈川県も27日、千葉県も6月1日にそれぞれ解除される予定で、東京都だけが解除の見通しがたっていない。

一方、都遊協は都の協力要請に応じることができないため、理事長や副理事長など執行部が総辞職する。都遊協の担当者は、「営業を再開する場合、感染拡大予防のガイドラインを遵守するよう」に加盟店舗に強く求めている。

東京都は、新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第2項に基づく施設の使用停止を要請したパチンコ店名を公表していたが、今回の緊急事態宣言の解除に伴い掲載情報は削除されている。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2020年5月27日号掲載予定「SPOT情報」を再編集)

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  3. 3

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  7. 7

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

  8. 8

    「社説で五輪中止を求めるのにスポンサーは継続」朝日新聞が信頼を失った根本原因

    PRESIDENT Online

    06月11日 10:55

  9. 9

    人生を変える一番簡単な方法は「付き合う人を変えること」

    内藤忍

    06月11日 11:28

  10. 10

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。