記事

PCR検査を国民全員にという原理主義も崩れた

今日の羽鳥モーニングショーのコロナ特集は短かった。
昨日の東京の感染者が14人と聞いても、岡田晴恵は「気にする必要はない」と言うし、緊急事態宣言の解除を受け入れて、政治的な判断に従うつもりのようだ。

相変わらず、夏の間もPCR検査で陽性者を隔離という主張は繰り返していたが、武漢の1200万人を検査する「10日間戦争」の話題で、玉川徹が「全員検査」を主張しても、岡田はそれを「非現実的」だと悟ったような口ぶりだった。
岡田玉川ともに、刻々と主張が変わっていく。
新コロパニック報道はいよいよ終わりに近づいた。

ところが「新コロ恐怖」洗脳は、もうそう簡単には解けない。
1%が100万人の威力で、自粛で家に閉じ込めた国民に、3か月間「恐怖」を植えつけてしまったから、この解除はとてつもなく困難だ。

しかも「自粛の効果は無意味、壮大な無駄」などという論理は、国民がもはや受け入れられない「真実」になってしまった。
「ブラジル勝ち組」と一緒である。
「国民はみなよく頑張った」と玉川がえらそうに褒めていたが、あれが「洗脳固め」の手法である。

今回は「第一権力」は確実にマスコミだった。
政治もマスコミに引きずられた。
普段は「マスゴミ」などと言って、マスコミを批難していた右派論客やネトウヨ連中も、「コロナ恐い」に洗脳されてしまった。

右派も左派も危機のときには役に立たない。
芸能人だろうと、漫画家だろうと、職業や肩書に関係なく、「個人」で立つ者なら、真実を見ぬけるはずである。

あわせて読みたい

「マスコミ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  2. 2

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  9. 9

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    専門家会議 廃止をめぐり疑念も

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。