記事

9月入学、このままじゃマズすぎる

※私の所属する団体・勤務先とは一切関係ありません。

ごきげんよう。「ゆとり世代」の たかまつななです。
現在、9月入学により、「コロナ世代」が誕生しそうです。
 
よくも議論されずに、大人たちの犠牲になる世代を食い止めなければならないと思っています。 
  
取材していて毎日、涙が出ます。いろんな野心にまみれているからでしょうか。
 
ここ数日は寝ずに、プライベートの時間を取材にあて深夜まで YouTube撮影・そして原稿を書きました。
 
自民党、公明党、文科省、官僚、教育学者、学校現場。
プライベートの時間を使い、本当にたくさん取材して、悲しくなっています。 
 
どう考えても制度設計に無理があります。
 
「子ども」たちが政治利用されています。
なぜ、ロックダウン していないのに学校だけ休校に?
 
休業補償は十分ではないけど出ているのに休校補償は、出ていない。
 
9月入学は、不満をもった高校生の署名から議論がはじまりました
その声には耳を傾けるべきです。
  
ですが、その学習の遅れを取り戻す解決策は4兆円かけて9月入学をおこなうことなのか。
   
オンライン授業の導入は、まだ5%。第2波、第3波に備える方が大事では?
 
高校生の声を聞き取り、かわらなかった教育界を自分がかえたとと手柄にしたい政治家の野心なのか。
  
また「子ども」たちを政治利用するのか。
 
エビデンスや現場の声が無視されつづけ、私は本当に悲しい。
 
9月入学にしたら、日本が国際化できるなんて本気で考えているのか。
  
・第2波、第3波がきたら、11月入学検討するのか
・学習指導要領や教科書をどう変えるのか
・待機児童はどうするのか
・教員や教室をどう増やすのか
・大学入試や就活はどう変えるのか
・学費がはいらない私立の経営は
 
課題をあげたら、きりがありません。
 
もう、高校3年生を振り回さないで。大学入試改革を食い止めたのは「高校生が立ち上がった」からだ。
 
それは、私たち大人ではない。報道も、あとおいで加勢はしたけど、もっと早くに食い止めるべきだったはずだ。
 
頼りない大人で本当にごめんなさい。
 
よく分からない暴論をとめるためには、徹底的に科学的に検証し、そして開かれた場で議論することです。
 
最終的には議論ではなく、政治家が「世論」の風をよみ、数の力で決まるでしょう。
  
1年後、後悔しないために。導入したあとに、こんなはずじゃなかったと言わないために。
 
世論、つまり、あなたの考えで決まります。
 
ということで、こんなことを企画しました。
 
●5月27日(水)19:30-
生激論「9月入学の是非を問う」

https://200527.peatix.com/view

自民党のワーキンググループで登壇された中室牧子さん
公明党のワーキンググループで登壇された藤原和博さん
にそれぞれの講演の内容をお話していただきます。 

2時間で、歴史・今の政局・海外事情・現場の声・現在の案・導入した場合のシミュレーション・など、議論します。

政治家がしっている材料をみなさんも知った上で判断してもらいたい。
 
マスコミは細かくは出しているけど十分報じきれていないと思います。 
 
賛成・反対・まだ決めていない方、みなさんに見ていただきたいです。
 
オンラインで、私の YouTube配信で行います。
 
あとは、お二人の記事もまとめましたのでこちらもご覧ください。
 
●「9月入学」って結局いいの悪いの?
世界のデータをもとに“科学的”に検証してみた
https://www.jprime.jp/articles/-/17973

「9月入学」って結局いいの悪いの? 世界のデータをもとに“科学的”に検証してみた | 週刊女性PRIME新型コロナウイルスの影響で休校が続くなか、世間では「9月入学」が話題になっている。政府などでも議論されているのは「学びの遅www.jprime.jp

教育経済学者の中室牧子先生に現在の問題点、9月入学について海外のデータを中心に検証しました。

https://www.youtube.com/watch?v=Ns9RXUB44hU&list=PLGIs2lskpIl0tfmnFRcMV1TKMvIjHDrpd&index=2

●藤原和博さんから、子どものための本気の寄稿文を3万字いただきました「コロナと学校教育」

https://note.com/takamatsunana/n/n660f41a301e5

元校長でもあり、教育改革をたくさんされてきた藤原先生。
今やるべきこと、9月入学について藤原先生のあつすぎるメッセージです。
 
藤原先生、中室先生、お二人のパワーには本当に驚きました。子どもたちのためをおもって、情報収集・発信をされる様子に感動しました。
 
私もそんな大人になりたいと取材など、まだまだ不十分な点があると思いますが、行動にうつしました。心がおれかけた際に、お二人の生き方を思い出し鼓舞しました。
 
小池さんと、吉村さんが数字がとれるからといって、科学的根拠を検証せずに、そのまま垂れ流すのがメディアのやることでしょうか。
 
自省もこめて、自分ができることをやります。
 
9月入学は、やるなら、やるで、どんな効果を期待するのか
費用対効果は十分なのかなど計画性をもってやるべきです。
 
イベントや各記事、ぜひ御拡散お願いします。
 
まだまだ取材したいです。いろんな声をおきかせいただきたいです。ぜひご意見などもコメントにかいてください。
  
※私の所属する団体・勤務先とは一切関係ありません。

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。