記事

怒れ日本人!「中国礼賛」WHOテドロスの"台湾イジメ"をやめさせろ

1/2

この事態にあっても、WHOは台湾を排除するのか

この事態にあっても、WHOは台湾を排除するのか。5月18日に行われたWHOの年次総会(今年はテレビ会議方式で開催)で、台湾はオブザーバー参加を拒否された。台湾の蔡英文総統は「WHOの事務局は圧力の下、台湾を総会に招くことを再び拒んだ。厳正に抗議する」と述べている。

街夜市で台北

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/fazon1

さすがに新型コロナ禍のさなかでの「台湾排除」には、日米豪をはじめとする各国から異論が噴出している。台湾のWHO参加は台湾の国益のみならず、コロナ封じ込めに成功した台湾の知見が国際社会の財産ともなり得るからだ。逆に言えば、今回こそ台湾の奮闘でそうした状況は免れたが、本来は国境を越えて広まる感染症への備えにおいて、台湾が国際的な取り組みの「空白地帯」となることは、台湾のみならず周辺国の脅威ともなり得る。

WHO非加盟であることは、国際的な感染症の情報を入手できないことを意味する。2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行の際、感染症の情報をWHOから得られなかった台湾は、院内感染などで346人の感染者と73人の死者を出した。この時の経験と危機感が今回の新型コロナウイルスへの備えと迅速な対応を生んだのだが、そうであるならばなおのこと、台湾のコロナ封じ込め経験を、国際社会の防疫政策に生かすべきだろう。台湾もそれを強く望んでいるはずだ。

それでも台湾がWHOに加盟できないのはなぜか

それでも台湾がWHOに加盟できないのはなぜか。それは台湾と中国の争いから生じた問題に関連している。戦後、中華人民共和国と中華民国(台湾)の両者が「中国における正統な政府はこちらだ」と言い張っていた時期があった。当初は中華民国が優勢だったが、1971 年 10 月の国連総会における、いわゆるアルバニア決議によって双方の立場は逆転する。

この決議によって「中華人民共和国」を「中国」として認め(「中国代表権」を中華人民共和国に移し)国連に加盟させるとともに、中華民国が排除された。

その後、台湾は李登輝政権下でWTOやAPECに参加、陳水扁政権では中華民国ではなく台湾としてのWHO参加を模索してきたが、実現には至らなかった。馬英九政権時代は中国との距離が縮まったことから台湾のWHOへのオブザーバー参加は認められたが、「一つの中国」原則を否定する民進党・蔡英文政権になってからは再び、オブザーバーとしての参加さえ認められない状況になっている。

日米も台湾との国交を断ち、中国との関係を優先させてきた事実

蔡総統の言う「圧力」の主体はもちろん中国である。中国は先の台湾との争いに競り勝つために、国連やWHOをはじめとする国際機関から台湾(中華民国)を追い出し、近年、中国自身が力をつけてくると、搬出金や職員の提供、さらには国際機関の代表に中国人を据える運動に力を入れるなど、国際的な影響力を増すべく邁進してきた。

中国は台湾をあくまでも「中国の一地区」と位置づけ、台湾との国交関係を継続してきた国々に圧力をかけて断絶させ、中国との国交を結ぶように迫っても来た。日米は今回こそ台湾のWHOオブザーバー参加を支持しているが、両国とも台湾との国交を断ち、中国との関係を優先させてきた事実も忘れてはならない。

WHOに対しても、中国は搬出金を増やし、積極的に協力して関係を強化してきた。中国の本意は何であれ、中国の貢献が保健・医療体制の弱い国や地域の人々を救うことにつながってはいる。そのため中国の貢献そのものは一概に批判できるものではないが、そこを中国がうまく逆手に取っているともいえる。

WHOに加盟したければ、「一つの中国」を受け入れろ

今回も中国は「台湾がWHOに加盟したければ、『一つの中国』の原則を受け入れろ」と迫っている。当然、台湾としては受け入れられない。しかし中国は一顧だにしない。それどころか、「WHO加盟を騒ぎ立て、感染症を政治問題化しようとしているのは台湾の方だ」と言い張っている。

WHOは中国との間で2005年に覚書を交わしている。その内容は「全世界の人に提供される」国際保健規則を、台湾については「中国が自ら適用する」というもので、台湾のWHO加盟を実質的に阻むものだとの指摘がある(若林正丈編『台湾総合研究Ⅱ―民主化後の政治―』調査研究報告書 アジア経済研究所 2008 年 第6章 台湾の国際参加 竹内孝之)。

WHO設立のもとになっている世界保健憲章にはこうある。

〈到達しうる最高基準の健康を享有することは、人種、宗教、政治的信念又は経済的若しくは社会的条件の差別なしに万人の有する基本的権利の一である〉

台湾の排除はこの憲章に反するものではないだろうか。

WHOテドロス事務局長の「中国礼賛」姿勢に対する非難の声

今回の新型コロナウイルス対応に関して、WHOと中国の関係は「蜜月」と批判されるに至った。中でもテドロス事務局長の「中国礼賛」姿勢に対する非難の声は高まる一方で、2020年5月1日までに「テドロス辞任を要求する請願書」に100万人以上が署名した。

いまでこそ英米などの被害が中国を上回っているが、武漢での対策や報告の遅れには明らかに問題があった。だがテドロス事務局長は当初からの中国礼賛を止める気配がない。むしろムキになって賛辞を送り続けているかのようにさえ見えるほどだ。あげくの果てにはテドロス事務局長はインターネット上で自身が人種差別的な中傷にさらされているとした上で、「個人攻撃は台湾から来ている」と発言。

根拠に乏しいテドロス発言は、台湾人の神経を逆なでした。さらには台湾が排除された2020年5月18日のWHO総会で習近平国家主席が「中国は透明で責任ある対応を取ってきた」と強調する演説を行った。いくら何でもやりすぎではないだろうか、との印象はぬぐえない。

あわせて読みたい

「WHO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  5. 5

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  7. 7

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  8. 8

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  9. 9

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  10. 10

    サムスン依存する韓国の不安定さ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。