記事

香港デモの一部は「本質的にテロリスト」=中国外務省出先機関


[香港 25日 ロイター] - 中国外務省の出先機関「駐香港特派員公署」は25日、昨年の香港民主化デモにおける一部の行動について、「本質的にテロリスト」および外国勢力と結託した「トラブルメーカー」であり、国家安全保障に対する「差し迫った危険」だとの認識を示した。

出先機関の代表である謝鋒・特派員が香港国家安全法を巡る演説の中で語った。

謝氏は中国が提案している同法について、分裂・転覆・外国の干渉・テロリズムに対処するものであり、少数の住民に影響を及ぼすだけだと説明。その他の住民は「パニックになる必要は全くない」とした。

「法制化により、暴力・テロリスト勢力に対する地元・外国のビジネス界における重大な懸念は緩和されるだろう」と付け加えた。

香港の民主派は「一国二制度」で保障された権利と自由が制限されることを懸念。しかし、同氏は法制化で実際には自由が強化され、権利が保護されるとした上で、「隠された動機を持つ者に脅かされたり、欺かれたり、利用されたり」しないよう呼び掛けた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。