記事

多くのアメリカ人が命を落とすなか、ゴルフに興じるトランプ大統領は無神経なのか?

1/2
2018年7月15日、スコットランドのサウス・エアシャーにあるトランプ・ターンベリー・リゾートでゴルフに興じるトランプ大統領(Photo by Andrew Milligan/PA Images/Getty Images)

パンデミックによる全米の死者が10万人に達しようという中、大統領は5月23日、ホワイトハウスを後にして個人所有のゴルフコースへ。「経済再開のメッセージ」という見方もあるが、かつてゴルフ休暇をバッシングしていたのは他ならぬトランプ氏だった。

コロナウイルス危機に対する政権の不手際やパンデミック中の共感の欠如など、数々の批判の矢面に立たされているトランプ大統領だが、土曜日はホワイトハウスを後にして、ゴルフを楽しむことにしたようだ。

複数のメディアが報道しているように、この日大統領はバージニア州スターリングにあるトランプ・ナショナル・ゴルフクラブへ向かった。大統領が個人所有のゴルフコースに赴くのは3月上旬以来初めて。この2回の「半勤半休」の間、大統領は5月にも1度キャンプ・デーヴィッド(大統領専用別荘)で休暇を過ごしている。その時にもゴルフをしたかどうかは定かではない。

トランプ大統領のゴルフ休日は、最近とみに訴えている経済再開のメッセージと一貫している。とはいえやはり、無神経さや共感の欠如はぬぐえない。アメリカではパンデミックによる死者数が10万人に届こうかという状況で、しかもこの週末はメモリアルデー。本来であれば戦没者を弔う厳かな日だ。

また、トランプ大統領の職業倫理の欺瞞も伺える。アメリカ大統領選への出馬を表明する数カ月前、トランプ氏は国籍陰謀論一色に染まり、数々のケーブル局のニュース番組やトーク番組に出演して、アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマ氏の権威失墜を図った。だが根拠のない人種差別撃の手をいったん休めると、今度はオバマ氏のゴルフ趣味を問題視した。

今回のことも、「ツイート語録」がなければさほど大騒ぎにはならなかっただろう。びっくりするほど毎回何かしらツイートが出てくる。

2014年10月、トランプ氏は当時のオバマ大統領がゴルフに興じているのを理由に、現職大統領としての職務怠慢だとツイートした。「信じられるか、アメリカがこれほど多くの問題や困難に直面している中、オバマ大統領は1日ゴルフ三昧。カーター以下だ」

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。