記事

ソフトバンク、新卒採用の選考にAI活用 選考時間削減と客観的評価を目的

2/2

AIが面接官をする取り組み 時間場所問わず面接可能

面接時にAIを使う取り組みは今後も増えそうである。ソフトバンクでは、提出された動画を分析し、定量評価を出すためにAIシステムを活用するが、面接自体をAIが実施するソリューションもある。

株式会社吉野家では2019年4月から、アルバイト採用において株式会社タレントアンドアセスメントが提供するAIを使った面接サービス「SHaiN」を導入している。

SHaiNは、AIがヒアリングし、専門スタッフが面接レポートを作成するサービスだ。受験者はスマートフォンから、24時間365日、いつでもどの場所からでもAI面接官と対話しながら面接を進められる。時間、場所を問わず面接できるため、面接場所への移動や費用、面接官と受験者の日時調整なども不要となる。

吉野家では、応募者のドタキャンによる機会損失の削減や、雇用条件にマッチした応募者を採用できるようになったなど、2018年に実施した試験導入から効果を得られ本導入に至った。

新型コロウイルスの影響もあり、しばらくは「対面」での接触は控えられる限りは控えたほうが望ましい。しかし、採用においては対面接触を避けることは難しいというジレンマが起きている。

そのため今後は、ソフトバンクのように動画やオンラインでの面接形式はもちろん、株式会社タレントアンドアセスメントのAI面接官のようなサービスを活用する企業が増えていきそうだ。

関連記事:吉野家、AI面接サービスを関東一都三県で本格導入。ドタキャンによる機会損失、ミスマッチ削減へ

高橋 忠弥
by
ITデジタル系のウェブ・週刊誌編集者を経てレッジに。Googleアナリティクス個人認定資格所持。スマホはAndroid、PCはWindows、タブレットはiPad、カメラはオリンパス。三度の飯よりアイスコーヒー好き。満員のエレベーターは苦手。

あわせて読みたい

「ソフトバンク」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  3. 3

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  8. 8

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。