記事

朝日は恥を知れ!なぜ、新聞社はこれからも「賭け麻雀」を続けるのか

1/2

週刊文春が「黒川弘務検事長は接待賭けマージャン常習犯」という特ダネを放った。黒川氏は1月末、東京高検検事長としての定年延長が閣議決定され、検事総長に昇格するとの観測が浮上していた。さらに検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案をめぐって、黒川氏の定年延長を「後付け」で正当化するものだと野党から批判が噴出していた。

ツイッター上では「#検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグ付きの投稿が14万件を超え、検察OBや全国の全国の弁護士会が反対を表明し、まもなく政府・与党が今国会での改正案の成立を断念した。

「監獄ホテル」として生まれ変わる旧奈良監獄(奈良市)で開催された、改修工事の本格化に向けた着工記念式典で、山下貴司法務大臣の式辞を代読する黒川弘務法務事務次官=2018年11月23日

「監獄ホテル」として生まれ変わる旧奈良監獄(奈良市)で開催された、改修工事の本格化に向けた着工記念式典で、山下貴司法務大臣の式辞を代読する黒川弘務法務事務次官=2018年11月23日 - 写真=時事通信フォト

週刊文春の記事を受け、まもなく各メディアは黒川氏が辞意を表明したと報じた。いくらなんでも検事長が賭けマージャンを、しかも新聞記者としていたなんて、辞める以外に黒川氏に残された道などなかったであろう。

しかし、社員が黒川氏と賭けマージャンをしていたという産経新聞と朝日新聞はいかがなものだろうか。権力とここまで癒着しているなんて、読者への裏切り行為ではないか。そんな中、全国紙社会部の男性記者は匿名を条件に新聞社と権力の癒着の構造を語ってくれた。男性記者は「また賭けマージャンする記者は絶対現れる」と断言するーー。

さすが週刊文春、アッパレだ!

さすが週刊文春である。権力とマスコミの癒着ここまで生々しく活写したスクープをぶっ放すとは。アッパレとしか言いようがない。私は全国紙の社会部で記者をしているが、もはや日本の権力のスクープのほとんどを週刊文春が報じている。週刊文春にはどんなメディアも太刀打ちできないだろう。

黒川氏と賭けマージャンに勤しんだ産経新聞、朝日新聞、そして大手メディアはこんな特ダネは書けないはずだ。なぜなら彼らは今後も権力者と賭けマージャンすることをやめないからだ。いくら新聞社が自らを「社会の公器だ」と高尚なことを語ったところで、必ず新聞社はまた権力者と賭けマージャンをする。

その理由を簡単に説明すると、そもそも新聞記者は権力者と賭けマージャンするように教えこまれているのである。まずは新人記者がどうやってジャーナリズムを捨てていくのかを教えよう。

新聞社に入社すると、たいていは地方支局に飛ばされる。そこで取材のイロハを仕込まれる。つまり権力との癒着の基本も叩きこまれる。

地方に飛ばされた温室育ちの新人記者たちは、たいていは警察担当を任される。その県で起こる事件を日々ロボットのように書き続ける。しかし事件や事故を単純に報じているだけでは、まだまだ半人前。新人記者にとって最初の難関を乗り越えなければならない。それは当局(警察など)から「ネタ」をとってくることだ。

新人記者の最初の関門、それが権力との癒着だ

新人記者が、“発生モノ”を書いているだけだと、そのうちデスク(30代後半~40代くらいの上司)からこう言われるだろう。「君は新人だからいいけど、東京にあがりたいのであれば、ネタをとってこないとダメだ」と。

昔は、どんなにダメな記者でもいつかは東京や大阪の本社にあがれていたようだが、最近は実力主義が強まり、地方でくすぶり続ける記者も目立つようになってきた。新人記者が「東京のどこの部署も欲しがらないような残念な記者にはなりたくない」と思うのも無理はない。

では、どうやったら東京にあがれるのか。もちろん社内での政治力を磨く記者もいるが、正規のコースは地方で特ダネを打って目立つことだ。

そこで、新人記者は悩む。「どうやったらスクープを打てるのか……」と。しかし、実は新人が新人なりに独自記事を各方法などとっくに確立されている。それが賭けマージャンであり「権力との癒着」だ。

あえて雨の日、警察官の家にいく理由

まず、初めに新人記者がやらされるのは夜討ち朝駆けだ。警察官の出勤前と帰宅時に家まで行って、"非公式"な話を聞きにいく。警察官にとっては迷惑な話なのだが、そこは体育会系の集まりだけあって、案外これが効く。雨の日にブルブルと震えながら家の前で待っている健気な新人記者を見たら、義理人情に篤い警察官は「何が知りたいんや、言ってみぃ」とついつい心を開いてしまうのである。

本当は直前まであったかいタクシーの中で待機し、目当ての警察官が遠くに見えた瞬間に家の前までダッシュしていたのかもしれないのに。あえて傘をささずに濡れている感を出すというバリエーションもある。とある記者は警察官が見えた瞬間に用意しておいたペットボトルの水を頭からかぶるそうだ。

そうやって、警察官と仲良くなる。そして頑張る新人はさらにその上を目指す。その警察官の家にあがり、奥さんにご飯をご馳走してもらい、風呂も使わせてもらう。そこまで新人記者が警察官と関係を深められたなら大したもんだ。○○支局にすごい新人がいると社内で必ず噂(うわさ)がたつ。

とある女性記者の手帳にズラリと警察官の名前が書きこまれていた。誕生日を忘れないようにメモっていたのだ。そして彼女はバレンタインデーになったら警察官にチョコレートを配っていた。もちろん良いネタをくれる警察官には自宅まで“本命”を渡しにいく。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    生活保護を含め制度改善が必要

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  6. 6

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  7. 7

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  10. 10

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。