記事

サンジャポ太田光が“テンピン”に疑義「賭け麻雀のレートは許容範囲?」野次馬的好奇心からの問題提起

1/2

[画像をブログで見る]

時にはゲスっぽい野次馬的な好奇心で物事の本音を探るバラエティー番組。

 そんなバラエティー番組が思わぬ「報道的な価値」を発揮する時がある。

 時には政治ネタでかつて議員だったというだけで笑いの取れる杉村太蔵氏や宮崎健介氏らをいじりながら話を聞く。

 そんな中で時にはほんのちょっとだけ真面目に政治や自分たちメディアの役割を考えさせてくれる。

 そんなバラエティー番組らしいスタンスで、様々な芸能ニュースも政治ニュースも「笑い」を交えて伝えている生放送のバラエティー番組'''がTBS『サンデー・ジャポン』''だ'。

 この番組にはそうした「報道的な価値」を発揮する瞬間があって見過ごせない。

 5月24日(日)も下世話で野次馬的な好奇心を発揮して、見事にやってくれた。

 報道番組として視聴しても「興味深い視点」が示されていたのだ。

検事長が行った賭け麻雀の「レート」が低いのかどうか

 番組ホームページには以下の言葉が踊っていた。 

賭け麻雀辞任の黒川氏…常習でも“低レート”でセーフ?退職金6000万円超!? 

「石投げたら山が少し動いた」黒川検察長が賭け麻雀で辞任!常習でもレート“テンピン”でセーフに!?退職金6000万円超!?色んな部分に非難の嵐!

出典:TBS『サンデー・ジャポン』5月24日放送内容

 番組のVTRでは実はニュース番組や情報番組ではほとんど放送されていない映像が登場した。

 5月22日(金)の衆議院法務委員会での黒川検事長の賭け麻雀をめぐって法務省側の説明している映像だ。

(川原隆司・法務省刑事局長)

「レートはいわゆる“テンピン“。

これは具体的に申し上げますと麻雀の点の1000点を100円と換算するものでございまして、もちろん賭け麻雀は許されるものではございませんが、社会の実情を見ましたところ、必ずしも高額とまではいえないレートでやったと」

 前述したようにこの映像は賭け麻雀のレートの細かい話で新聞の記事にはなっているが、筆者は全国放送のテレビのニュース番組でこの答弁の映像を地上波のテレビ局では見ていなかった。

 答弁の後で国民の間でSNSなどで反発が上がっているとしてVTRは終わったが、それをスタジオで受けた司会の爆笑問題・太田光が以下のように相方の田中裕二に話し出した。

(太田光)

「この“テンピン”というレートは、僕はよく田中君から聞いているレートですが」

(田中裕二)

「聞いていない。そんな話をお前としたことないだろう!」

(太田)

「これ、どのくらいの?」(スタジオ笑)

(田中)

「だから今言ったでしょう?(モニターを指して)今言った通り…(スタジオ笑)と認識して、おります」

(太田)

「でも、田中さん、これ、僕は田中君からよく聞くんですけども、

『一発賞』

『裏ドラ賞』

『差しウマ』

あるいは

『割目(われめ)』。

“テンピン”が社会通念上高くないっていう言い分は、それだけでは済まないですよね?いくらでも“インフレ麻雀”…」

(田中)

「それはあるんじゃないですかね。きっとね…。(太田が自分の麻雀問題を追及したことで)敵は本当に身内にいるからね(スタジオ爆笑)」

 太田が言いたかったことは、“テンピン”だといっても、実際にはその都度その都度でインフレ麻雀のローカルルールを設定して、結果的に大きな金額が動くことがあるということだ。「一発賞」はリーチ一発で上がった時に、「裏ドラ賞」は裏ドラがあったときに、本来の役の点数とは別に点数を加算するものだ。「差しウマ」というのは対局が終了した時に下位の者が上位の者に点数を支払いを取り決めておくもの。「割目」もサイコロの出によって、勝ち負けでの獲得点や支払い点を倍増させる取り決めである。

 当然、こういう取り決めをすると、仮に比較的安い“テンピン”の点数を設定していても、勝ち負けで大きな差がつきやすいので結果的に法務省の調査で言っている「1回1,2万円」というのはありえないことになる。

 2人のやりとりを聞いていると、田中がかなり麻雀好きらしく、太田はそれをいじりながら自説を展開したようだ。

 法務省の国会答弁の説明で“テンピン”だからといって、「必ずしも高額とまではいえないレート」と言えないのではないかという太田流の“突っ込み”を入れた場面だった。

 確かに新聞報道などを見ても、“テンピン”の中身まで突っ込んだ記事はない。月に2-3回もやるほど麻雀好きで常習性があるなら、そういう取り決めがあったとしてもおかしくない。本当に一度に動いた金は1、2万円なのか。徹夜麻雀をしてその額だけというのはにわかに信じられないが、麻雀好きの田中を身近に見ている太田が抱いた素朴な疑問だった。

【国民の怒り】「“テンピン”なら逮捕されない!?」「退職金6000万円超問題」

 番組内では、黒川氏を処分した法務省が免職から戒告まで4種類の懲戒処分ではなく、「訓告」という指導・監督の軽い措置にしたのか、それで退職金は満額払うことでいいのかなどの議論が行われた。

(テリー伊藤)

軽すぎる。今これだけ注目されている方で、その方がこういうことをするなら、国民の意識としてはなんでこの方に6000万円も払わなきゃいけないんだというふうに思いますよね」

(細野敦弁護士・元東京高裁判事)

「対象は賭博罪なので捜査はすべき。最終的は不起訴処分にはなるだろうが。現行犯でもない限りは逮捕はない。一般的には常習的だとされるケースだが(刑法上は)常習賭博罪は懲役刑まで科せられるので常習賭博罪までは認めづらいのかなと思う」

 筆者は、テレビ局で「テレビ報道」つまり、報道局が所管するニュース番組やドキュメンタリー番組ばかり携わってきた人間だが、そうした報道番組以外のジャンル、たとえば情報番組と呼ばれるワイドショーや『サンジャポ』のようなバラエティー番組に属する番組がゲリラ的な意味で「視聴者を考えさせてくれる」価値=公共的な価値があることを認めている。もちろんいつも、というわけではないが、時にそういう場面があって存在意義を発揮してくれる。この日の『サンジャポ』がそうだった。

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  8. 8

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  9. 9

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  10. 10

    鹿児島県知事選 塩田氏が初当選

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。