記事

コロナ禍の混乱の中で、中国による香港への圧政が続く…日本の国会からも抗議の声を!

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

世界中が新型コロナウイルスとの闘いに気を取られている間に、ウイルスの発生源で軍事大国でもある中国による危険な動きが顕著になっています。

台湾のWHOへの参加を頑なに拒んでいることに続き、今度は香港の一国二制度を事実上無効化すると言われている「国家安全法」の制定を画策。

これに対して香港では過去最大規模のデモが行われ、市民と警察官の武力衝突が起こっています。

しかし冒頭申し上げたように、現在は日本のみならず世界中が新型コロナとの闘いで手一杯。

昨年、中国が猛攻勢を仕掛けた時に跳ね返せたのは、香港の方々の粘り強い抵抗は勿論のこと、やはり国際世論の高まりを無視できなかったという側面もあると思います。

大変な時ですが、自由と民主主義という価値観を香港人と共有する日本人として、もちろん無視するわけにはいきません。

参考過去記事:
会期末まであと10日。日本の国会は香港情勢に何かできないのか?

https://otokitashun.com/blog/daily/22126/

日本維新の会は昨年いち早く香港情勢に対して声明を出し、国会決議をするべきだと正式に申し入れを行った唯一の政党です。

今年の通常国会も残り約1ヶ月ですが、再び動くべき時がきています。

今こそもう一度、日本国内からも強い意思を示すべく、もう一度国会からの働きかけができないか、まずは党内で提案し動いていきます。

香港、加油!!

皆さまも是非、香港情勢に関心をもっていただければ幸いです。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  2. 2

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  3. 3

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  4. 4

    経済大打撃の日本 政府はいますぐ「消費税ゼロ」と「粗利補償」を実施せよ

    田原総一朗

    06月11日 12:16

  5. 5

    部分的に集団免疫が発動したという論文も ワクチン接種拡大でゴールは近いか

    中村ゆきつぐ

    06月12日 08:25

  6. 6

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  7. 7

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  10. 10

    「日本が気にするのはお金、メンツ、総選挙だけ」イギリスが疑問視する東京五輪開催

    小林恭子

    06月11日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。