記事

長州力のYouTube 親しい人をスタッフにして素の姿見せる

椅子を使った自宅でできる運動を紹介。腕立て伏せも披露している

 老若男女問わず、多くの有名人たちが、SNSやYouTubeでファンと交流する昨今。なかにはITにあまり詳しくない様子が話題となるケースもある。

 昨年12月にツイッターを始め、「ハッシュドタグ」「井長州力」(ハッシュタグで使う“#”と“井”を混同?)と、謎のワードを次々と投稿し、一躍SNS界のトレンドとなった元プロレスラーの長州力さん(68才)。3月20日にはYouTubeチャンネルを開設した。

 しかし、本人は、「やる気は最初からあるわけない」ときっぱり。

 沖縄のファミリーマートとのコラボ商品開発のため、沖縄に赴くも、開発する気配もなく、ホテルの鍵をなくすなどハプニングの連続。そのやる気のなさや予測不可能なコメント、行き当たりばったりの行動に、周りのスタッフが振り回されている様子などが、「笑える」と評判だ。

「最初は張り切ってくれるのですが、途中からスタミナ切れを起こすのはわかっているので、とにかくカメラを意識せずに自由気ままにやってもらおうと思っています」と話すのは、12年間、マネジメントを務めるロストワンズの谷口正人さんだ。

「撮影スタッフも、長州が知っているような人間で固めています。そうすると彼も気兼ねなく普段の姿を出せると思いますので。スタッフの苦悩も伝わるような、奥行きのある番組にしたいと思っています。結果ありきの番組にしたくないので、いろいろと事故りますが、そこを楽しんでいただければ」(谷口さん)

 昨年6月にリングを降りた長州さんだが、プロレスラー時代とは違った魅力を発見できるのだ。

※女性セブン2020年6月4日号

あわせて読みたい

「長州力」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。