記事

愛の不時着&パラサイトのヒット 韓国が20年種をまいた成果

北朝鮮の描写も多いだけに辛辣なシーンもある(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

コロナの混乱が続く今の世の中だからこそ、ドラマから何かを感じ取る人も(Netflixオリジナルシリーズ『愛の不時着』独占配信中)

 Netflixで今年2月から配信されている韓国ドラマ『愛の不時着』が大人気となっている。

【写真】『愛の不時着』で2人が肩を寄せ合うシーン

 パラグライダーの事故で北朝鮮に不時着したソウルの財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン、38才)と、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン、37才)との恋を描く同作。韓国では2019年12月から今年2月まで放送され、ケーブル放送「tvN」で歴代1位の最高視聴率21.7%をマークした。

 日本でも異例の売り上げとなった小説『82年生まれ、キム・ジヨン』や、米アカデミー作品賞を獲得した映画『パラサイト』といった作品を立て続けにヒットさせている韓国から、新たな大ヒット作だ。

『パラサイト』と『愛の不時着』が同時期に生まれた必然

「韓国の観客、映画ファンに感謝したい。彼らは躊躇せず率直な意見をくれる。それに不平を言うことはできない。彼らが監督や製作者たちをここまで押し上げてくれた。それがなければ韓国映画はここまでにならなかった」

 今年のアカデミー賞作品賞に輝いた映画『パラサイト』の授賞式で、配給先のCJグループの副会長イ・ミギョン氏はこうスピーチした。

 この『パラサイト』に投資をしたCJグループこそ、『愛の不時着』を制作したケーブル局tvNを傘下に持つ企業だ。実は『愛の不時着』の成功にはもう1つの隠されたストーリーがある。デジタルメディアウオッチャーの大原通郎さんが言う。

「1997年の通貨危機を経験した韓国は、その最中に大統領に就任した金大中さんによって、国策として韓国コンテンツ(K-POPやKドラマ)の輸出を進めました。その原動力となったのが、ハリウッドなどアメリカのメディア企業で働いていた韓国人の祖国への呼び寄せです。こうしたコンテンツ重視の国策の後押しで、CJグループのような財閥が映像制作会社を作って、コンテンツに豊富な資金を投入してきたのです」

 その過程で日本に韓国ドラマブームが生まれた。2003年に『冬のソナタ』が第一次ブームを巻き起こしたのに続き、2010年からは『美男ですね』『花より男子』などで若手俳優やアイドルが第二次ブームをけん引。2017年には『トッケビ』を筆頭に第三次ブームが発生した。

 なかでも前述のCJグループは、赤字を出してまで、「文化の産業化」にこだわり、この分野での成功に強い情熱を持ち続けた。

 CJグループ会長の夢は、世界の人々が毎年2~3本の韓国映画を見て、毎月1~2回韓国料理を食べ、毎週1~2本の韓国ドラマを視聴して、韓国文化を楽しんでもらうことだという。

 英語以外の映画で初のアカデミー賞作品賞となった『パラサイト』が誕生し、『愛の不時着』に代表される第四次韓国ドラマブームがほぼ同時期に生まれたのは、決して偶然ではない。昨年から今年にかけて、20年以上続けてきた彼らの根気強い“種まき”の成果が実った結果だったのだ。韓国エンタメに詳しいライターの佐藤結さんが言う。

「『愛の不時着』には歴代の韓国エンタメへのオマージュが数多くみられます。最たるものが、チェ・ジウ本人が登場して韓流好きの中隊員ジュモクとドラマ『天国の階段』の名台詞をかけあう場面。ほかにも映画『シークレット・ミッション』(2013年)で演じた北朝鮮のスパイの姿で、キム・スヒョン(32才)が登場。BTSファンの北朝鮮の女の子が現れたりと、ここ近年の韓国エンタメの集大成になっています」

 加えてブームを後押しするのがNetflixだ。

「Netflixは2018年に韓国支社を設立し、CJグループの関連企業や、大ヒット中のドラマ『梨泰院クラス』を制作するケーブル大手のJTBCと次々に長期契約を締結しました。これにより韓国内のケーブルで放送されたハイクオリティーのドラマがNetflixを通じて世界に配信される流れが確立されました」(佐藤さん)

日々の生活にちりばめられている小さな幸せを忘れないで

 コロナ禍で外出自粛する多くの人が「私は『愛の不時着』に救われました」と話す。

「セレブ生活から一転して北朝鮮で慎ましく暮らすセリが夜中に停電に見舞われ、『投資した30億ウォンがパーになったときよりいまの方が悲しい』と涙したとき、ジョンヒョクが『災いの後には幸せが来るものだ。きっと何とかなる。本当だ』と静かに諭すシーンが心に残ります。世界がコロナの暗闇にあるなか、“そうだ。あとには幸せが来るんだ”と勇気づけられました」(48才・百貨店勤務)

 孤独で人を信頼できないセリは母国では白ワインのソーヴィニヨン・ブランしか飲まず、高級食材をひとりで少しだけ食べる「小食姫」だった。だが北朝鮮に来てからは人が変わったように、ささやかな食事を楽しむようになった。ジャーナリストの治部れんげさんが分析する。

「彼女はジョンヒョクや中隊員らと触れ合うことで人間性を取り戻し、みんなと一緒に楽しくおこげやラーメンを食べて、焼酎やビールを飲むようになりました。このドラマは質素だけど温かい食事、豆から煎るコーヒー、親しい人との笑顔の会話など、小さな幸せに満ちあふれています。コロナとともに暮らす私たちには、そうした日常のささやかな喜びが心に響くのでしょう」

 コロナでつらい状況でも、このドラマを見れば、生きる希望が湧いてくるはずだ。ただしハンカチを忘れずに。

※女性セブン2020年6月4日号

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    帰省大丈夫? お盆迫り厳しく追及

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

  10. 10

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。