記事

バナナ、たこ焼き、かぜ薬…“特需”ドラッグストアで「意外に売れたもの」「売れなかったもの」- 長浜 淳之介

1/2

マツキヨ大苦戦、ウエルシア絶好調のワケ ドラッグストア「7兆円」勝ち組&負け組の“差” から続く

【写真】“コロナ特需”のドラッグストアで「意外に売れたもの」とは?(全11枚)

 今年4月の上場している大手ドラッグストアの既存店売上高は、上位10社のうち8社までが前年同月比でプラスとなっており、非常に好調だ(#1参照)。

 4月は、コンビニの大手4社の既存店売上高が、全て前年同月より減収。スーパーの既存店売上高も、日本チェーンストア協会の発表では前年同月比4.5%減とマイナスになっている。対比して見れば、新型コロナウイルスの感染拡大を受けての緊急事態宣言の下、ドラッグストアがコンビニ、スーパーに勝る社会インフラとして認知されてきたということだろう。 

2019年の売上が7824億円と業界1位のツルハHDを始め、業界上位10社のうち8社が4月の売上でプラス成長となっている(前年同月比) ©長浜淳之介

「化粧品以外はよく売れている」

 ドラッグストアの商品には、医薬品、調剤、食品、生活雑貨、化粧品と、主要5分野があるが、「スギ薬局」を展開するスギHDによれば「化粧品以外は、どの分野もよく売れている」(同社・広報担当)とのこと。同業他社もほぼ同じ回答であった。化粧品が不振なのは、在宅勤務が増えたこととマスク着用で顔が隠れているから。既存店の4月売上が前年を割った2社(マツモトキヨシHD、ココカラファイン)は、化粧品の売上比率が高かった。

 近年のドラッグストアは、薬ばかりでなく食品や生活雑貨が充実しており、スーパーの機能を取り込み、日常の商品をワンストップで買える便利さがあるのが、好調の要因だ。

 では、実際にどのような商品が売れているのか。誰もが想像がつく、マスク、アルコール消毒液、体温計、トイレットペーパー、カップ麺、冷凍食品などの他に、意外な商品も上がった。“粉モノ”、バナナ、ヘアカラー……などなど、それらはなぜ売れたのだろうか?

 ドラッグストアの売れ筋商品を研究してみた。

米は“一服感” 代わって売れた「食品」とは?

 特に郊外のドラッグストアでは食品が充実しており、九州を基盤とする「コスモス薬品」では食品の売上比率が56%、北関東が地盤の「カワチ薬品」では46%など、医薬品以上に食品のシェアが高いチェーンも多い。

 調剤に力を入れている「ウエルシア薬局」、「スギ薬局」でも売上の2割近くが食品であり、日々の集客を上げるために食品を強化している。

 具体的な食品の売れ筋だが、スギでは、「米が前年より1.3倍の勢いでよく売れているが、ゴールデンウィーク以降は一服感がある」とのこと。

 代わって、ホットケーキの素、たこ焼きの素のような“粉モノ”がよく売れている。子供の休校も3カ月目に入った地域も多く、母親の目線がおやつに移ってきたのだろうか。

 加工食品のカップ麺、袋麺、パスタの乾麺、レトルトのカレーやパスタソース、冷凍食品、缶詰など、さっと食べられる食品群もよく動いている。

バナナが売れる「特有の事情」

「免疫力が上がると思われている、納豆、ヨーグルトの動きが良い。一方で、ゴールデンウイーク頃からお酒が全般に売れている」(カワチ薬品・広報)といった報告もある。自宅勤務、オンライン飲み会も普及してきて、居酒屋に行かずともお酒を楽しみたいというニーズが高まっている。

 売場の工夫として、ウエルシアには、バナナがよく売れるのでレジ横にあえて販売コーナーを設けている店がある。スーパーでも、「バナナは子供が食べやすく値段も安いので、休校になってから売れている」(西友・広報)とのこと。

 ドール・広報によると、「ドラッグストアには、バナナが売れる特有の事情がある」という。バナナは、日本で1世帯あたりの消費量が最も多い果物だが、果物を積極的に購入するのはシニア層というデータがあり、若い世代はあまり買わない。つまり、バナナはドラッグストアの顧客層に合った商品なのである。

 それに、5月頃はイチゴの旬もそろそろ終わりで、スイカにはまだ早く、国産の果物の端境期にあたる。果物が食べたいとなると、自然にバナナが選ばれるのだ。

 バナナの需要が高まっているのに対して、日本への輸入の85%を占めるフィリピンの生産地も、コロナが影響して移動制限が行われ、人手不足で出荷が追い付かない懸念がある。しかし、ドール、デルモンテなどの大手輸入業者は、「生産が減っているわけではない。南米のエクアドルなどの選択肢もあるので、極端な価格の高騰はないだろう」と、口を揃える。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。