記事

対馬の旅(1)韓国の見える岬から

 対馬の北端にある鰐浦、岬の上には「韓国展望所」が設けられています。ここから釜山までは海路50キロもありません。博多までの半分にもならない近さです。ここに立ったのは29日の昼近くでした。台風の影響で日程が狂い、ハプニングだらけの往路でしたが、そのいきさつは、あとで順にお話します。ここが私の第一の目的地でした。日本の西の端、そして隣国のすぐ近くです。

画像を見る

 晴れてはいても、対岸の陸地を肉眼で見ることはできませんでした。写真によると、夜景では対岸の灯火がよく見えるようです。海上の手前にあるのは海栗(うに)島で、自衛隊の警戒施設が置かれています。伝統的にここは国防の最前線でした。それと同時に、長い歴史を通して、文化が交流する接点でもあったのです。

画像を見る

画像を見る

 正面を韓国に向けて、朝鮮訳官使殉難の碑が建てられていました。訳官使とは、朝鮮通信使が中央政府間の正式の使節であったのに対して、対馬藩としての交流で、日本の鎖国時代にも絶えることなく続いていたとのことです。日韓両文を並べた石碑によると、元禄16年(1703年)に、朝鮮訳官使百名あまりが鰐浦入港を目前にして嵐のため遭難し、対馬藩あげての救助活動にもかかわらず全滅した悲劇を供養したものです。これは日韓の未来志向を念じて平成になってから建てられました。

画像を見る

画像を見る

 一方、対馬には上代防人の時代から、連続的に砦が築かれてきており、多くの遺構が対馬北部に残っています。鰐浦に近い豊(とよ)砲台跡は昭和時代のもので、地下要塞化した巨大な建造物でした。岩盤に縦横のトンネルを掘り、先端には巨大な円形の砲座の跡がありました。ここに口径40センチの砲が2門あったというのですが、戦艦「長門・陸奥」級の主砲と同じです。当時は朝鮮は日本の一部でしたから、朝鮮を意識した守りではありません。外敵から本土を守る拠点と考えられたのでしょう。朝鮮海峡を睨んで、日本海に敵艦を入れさせない目的があったと思われます。

あわせて読みたい

「対馬」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    神奈川県で過去最多1686人の感染確認 6日連続1000人超

    ABEMA TIMES

    08月02日 20:24

  10. 10

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。