記事

SARSでは出生率の急落も 新型コロナ感染症のパンデミックは「出生率」を上げるか - 石田雅彦

1/2
写真AC

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)は日本で収束の気配をみせ、少しずつ日常が戻りつつある。新型コロナ感染症は実に多種多様な影響を我々の社会や生活に及ぼしているが、日本で下がり続けている出生率に関してはどうだろう(この記事は2020/05/18の情報に基づいて書いています)。

非日常的な事態が起きると出生率は上昇?

ある特定の国や地域で、一時的に出生率が上がるベビーブームという現象がある。主に大きな戦争の後、平和の訪れや戦地から男性が帰還するなどした結果、特に戦勝国敗戦国を問わず起き、第二次世界大戦後の先進工業国のほとんどでこの現象がみられた(*1)。

だが、ベビーブームはあくまで一時的なものに過ぎず、経済成長と比例して出生率の増加が続くとした予想に反し、多くの国でベビーブームの後に出生率の急減(Baby Bust)が起きた(*2)。これは戦後に出生率がそう伸びないだろうという観測と同様、出生率の増減の予想が難しいことを示している(*3)。

非日常的な事態が起きると出生率が上がるという現象で有名なのは、1965年に起きたニューヨークの大停電(Great Blackout of 1965)だろう。だが、これは一種の都市伝説で、実際の出生率に変化はなかった(*4)。

ニューヨーク大停電で出生率に変化がなかった一方、どうやら電源喪失というインフラの異常は出生率を上げることもあるようだ。例えば、タンザニアに属するインド洋上の島ザンジバル(Zanzibar)では、2008年に1ヶ月間、停電したが、その後の8ヶ月から10ヶ月の間、出生率が17%増えた(*5)。

また、自然災害では異なった様相を見せる。1995年から2001年まで米国の東海岸とメキシコ湾岸を襲ったハリケーンのデータから、それら地域の出生率との関係を分析した研究(*6)によれば、深刻度が低いハリケーンの場合はすでに第一子を持っていたカップルで出生率の上昇が観測されたが、深刻な被害を及ぼすハリケーンの場合は逆に出生率を低下させていた。

スペイン風邪の流行で上下した出生率

現在、世界は新型コロナ感染症のパンデミックに襲われ、都市封鎖や外出自粛、ソーシャル・ディスタンシングといった状態に陥っている。この感染症は、遺伝子が似ているSARS(重症急性呼吸器症候群)ともMERS(中東呼吸器症候群)とも感染状態が異なり、研究者は1918年から1920年に流行したスペイン風邪のデータを疫学や公衆衛生学で参考にすることも多い。

スペイン風邪は、1918年の春から初夏に第1波が、同年の秋により重篤な症状を引き起こす第2波が、そして1919年の春から秋にかけて第3波が世界を襲った。このように他のインフルエンザウイルスとは異なり、春や夏、秋といった季節に流行したこと、20代から40代の若年成人が重症化や死亡しやすかったのが特徴となる。

では、スペイン風邪のときの出生率はどうだったのだろう。これに関する調査研究では、スペイン風邪の後に起きたノルウェーやスウェーデンなどのベビーブームについてのものが多い。

このパンデミックのとき、第一次世界大戦が起きていたので、出生率の変化が戦争によるものかスペイン風邪によるものか、わかりにくいが、ノルウェーやスウェーデンなどは第一次世界大戦では中立を保っていたので戦争の影響は限定的だ。ちなみに、中立国と交戦国のスペイン風邪による死者の違いは中立国(6カ国平均)約6.87人/1000人、交戦国(10カ国平均)7.04人/1000人で、中立国で特に多かったスペインを除いた中立国の死者数の平均(5カ国)は5.78人/1000人となる(*7)。

ノルウェーやスウェーデン、オランダの中立3カ国では、1918年のスペイン風邪の第1波の後、1919年に出生率が落ち、収束後の1920年に強い出生率の上昇がみられた(*8)。

例えば、ノルウェーの出生率(Birth Rate、/1000人)は、1918年24.6、1919年22.9、1920年26.3、1921年24.2となっている。つまり、感染が終息する前からセックスが行われ、その結果、ベビーブームが起きたことになる。

第一次世界大戦の中立3カ国(ノルウェー、スウェーデン、オランダ)の粗死亡率(Crude death rates、CDR)と粗出生率(Crude birth rates、CBR)がスペイン風邪(1918年から1920年)前後でどう変化したのかを表したグラフ。粗死亡率(CDR)が上がった後、3カ国で1920年に粗出生率(CBR)が上がってベビーブームがきたことを示している。Via:Svenn-Erik Mamelund, "Can the Spanish Influenza Pandemic of 1918 Explain the Baby Boom of 1920 in Neutral Norway?" Population, 2004

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  8. 8

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  9. 9

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。