記事

WHO総会、これからの国際戦略。

[画像をブログで見る]

 世が世なら報道もされなかった今年のWHO総会、世界政治の耳目を集めた。米国は徹底的に中国の原因発生責任を追及する。世界中に起こした国家的、経済的損害への支払い義務がある、とりわけ中国の初動の隠蔽が世界蔓延の原因となる。

 中国は情報の透明性を強調したが、およそ情報開示に協力しなかった。一方多額の拠出金を公言した。事務局長のテドロスはエチオピア出身で、今は本国含めて中国の丸抱えという。

 今回も台湾が来なかった。今回の新型コロナには台湾の保健管理が世界一であった。その台湾の話しを聞けないということは全体として大きな損失であった。

 日本は米国に次ぐ拠出国、相変わらず大人しい、台湾のオブザーバー出席は主張したらしいが、中国に向かってそれを言わなければ意味がない。今日本はただ自国の解決にしか目は向かわない。この間を利用して、東シナ海、南シナ海を中国は休みなく侵略し続けていることくらい非難すべきであった。

 どの国際機関も米中の対決がはっきりしてきた。その昔米国とソ連が対決した「鉄のカーテン」「冷戦時代」を思い出させる。米ソ冷戦は結局経済力の差で勝負がついた。一方今回の中国は柔くない、経済力も今や米国を追い抜こうとする、同じ共産主義でも、ソ連のレーニン主義に比して、中国の毛沢東・習近平主義ははるかにしぶとい。

冷戦時代は米国中心に西欧諸国(日本含む)がまとまった。米中対決ではむしろ米国だけが孤軍奮闘のきらいもある。これから米国がどこまで国力と共産主義との対決意思を保てるか、わが国がどこまでそれに沿いうるかが、ポストコロナの国際戦略となる。決して甘くない。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。