記事

ネットという「悪意の大海」で、誹謗中傷からそれでも生き残っていくために

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

本日は、(おそらく)ネットの誹謗中傷によって命を絶ってしまった女性タレントさんが大きな話題になっており、それ自体も本当に痛ましいものの、さらにそれに対するSNS上の反応を見てさらにグッタリしてしまいました…。

本当に殺伐としているよなあ…と。

誰もがボタン一つで自分の意見が表明できるようになったデジタル時代。

残念ながらそれはプラスの側面だけではなく、容易に人の「悪意」に触れられるようになったということでもあります。

以前であれば、テレビに出るタレントなども一握りでしたし、ある程度は所属事務所などから教育やサポートも受け、耐性と覚悟をもった上でプロメディアに「叩かれる」ことが普通だったのだと思います(それでも事件は時に起きた)。

しかし今や、オウンドメディアやチャネルの多角化によって、アマチュアでもあっという間に有名人になれる時代。

過度な批判や誹謗中傷に耐性のない彼らに、これまたプロではない人達による「匿名の暴力」が襲いかかれば、容易に最悪の結果を招く可能性があることが、また一つ悲劇によって証明されてしまったのかもしれません。

ネット上の誹謗中傷問題は、「表現の自由」とも密接に関わる問題であり、一朝一夕には解決できない悩ましいテーマであることは確かです。

私は法規制をさらに重ねることには慎重である反面、脅迫罪や名誉毀損で訴えるにしても、被害者側が情報開示をするハードルや費用が高すぎるので、ここについては何らかの方法で是正すべきだと思います。

これが残念ながら今の現実ですが、発言や表現は自由であっても、そこには責任が伴うのが筋のはずです。

こうした公的資金とある種の市場原理を組み合わせたサポートの仕組みというのも、真剣に検討する時期にきているのかもしれません。

あるいは「保険」の仕組みを使って、普段から少額の保険料を払い、いざ訴訟する時に保険金がおりるような仕組みは…採算を取るのが難しいかなあ。。

あわせて読みたい

「木村花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。