記事

パチンコライター・ナミが提案 「ホールの行列」をなくす方法

パチンコ店開店前の行列はなくなるのか(時事通信フォト)

パチンコライター・ナミ(デジタル写真集『MEDAL NUDE』より/撮影・扶桑光)

人気パチンコライターのナミ(デジタル写真集『MEDAL NUDE』より/撮影・扶桑光)

人気パチンコライターのナミ(撮影/藤岡雅樹)

人気パチンコライターのナミ(撮影/藤岡雅樹)

 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が段階的に解除されていることで、長らく休業を余儀なくされてきた事業者にも、ようやく経済活動の再開ムードが漂っている。だが、自粛期間中も営業を続ける店が出るなどして批判を浴びたパチンコ業界は、大手を振って全面再開とはいかなそうだ。女性パチンコライターのナミが、コロナ後のパチンコ店を展望する。

【写真】南国リゾートで微笑むナミのショートパンツ姿

 * * *
 自粛が明けたら真っ先に打ちたいパチンコ機種は、『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア2』。パチンコライターのナミです。

 5月14日、パチンコ業界に関わる人にとっても注目の政府発表がありました。39県における緊急事態宣言の解除。そして5月21日には大阪、京都、兵庫の3府県も解除されました。これにより数多くのホールが営業を再開し始めています。

 ただ、県外からの来店自粛呼びかけや、マスク着用での遊戯など感染症対策をしっかりしたうえでの再開ということで、まだまだ油断できる状況にはありません。新型コロナによる感染症は、世界規模にイレギュラーかつ誰も経験したことがない脅威で、その防止策として何を判断するにも正解はないと思います。

 5月13日、「パチンコ店でのクラスター発生事例はなかった」として東京都医師会から緊急謝罪がありました。パチンコ業界で働く人間としては、クラスター事例として挙げられたのが間違いだったことが明らかになって安心した反面、パチンコ店が批判されている時に、業界を守る発言ができなかった後悔の気持ちが沸き上がってきました。

 事実、どこのパチンコ店でもクラスターは発生していませんでしたし、多くの店で空調や徹底した消毒体制により感染リスクを減らす努力をしていることは知っていましたが、そうした取り組みや自分の考えをSNSで発信する勇気がありませんでした。自分の意見がどこまで正しいのか自信を持てなかったからです。正解がない物事に対して発言をするのは本当に難しく、自分自身の強い意志が必要になってくると改めて実感しました。

 今後、コロナの脅威が完全に去ったわけではない状況でホールが営業するにあたり、気を付けなければいけないのが人の密集です。感染リスクを軽減するためにも人が集まる場所はなるべく避ける必要があります。

 平時のパチンコ店では、人気店ともなるとかなりのお客さんが並びます。「年1」と呼ばれる年に1度の特定日は、多い時で2000~4000人ほどのお客さんが集まり、入場抽選前に列を打ち切られないようにと、始発時間から並ぶパチンコファンも続出します。自分が行列に並んでいた時は通行人のおばあさんに、「これは一体なんの列なの?」と聞かれたこともあります(笑い)。

 こうした朝の入場抽選は空気の良い外での並びがほとんどですが、大人数のお客さんが集まった場合、やはり不安を感じる人も多く出てくると思います。

 この問題を解決してくれそうな方法として頭に浮かんだのが、「オンライン入場抽選」です。前もって専用アプリまたはサイトに情報を登録して、スケジュールから遊びに行きたい日付を予約するだけで抽選が受けられるシステムです。

 事前にオンライン上で抽選を受けるので、ホールに集合するのは開店時間直前でいい場合が多く、さらに抽選番号が悪かった場合はホールに行かない選択ができるので大多数の人が集まるのを避けられます。

 最近、導入される店が増えてきたのがLINE上で完結できる「入場くんオンライン」。以前アプリの抽選システムを試した時は、セキュリティのための顔認証システムが非常に渋く、何度試しても顔として認証されなかったので途中で放り投げてしまった私ですが、これなら大丈夫です(笑い)。

 こういった「オンライン入場抽選」は便利なシステムとして以前から広がりつつありましたが、コロナ後の情勢ではさらに普及していくのではないかと思います。

 密集を避ける対策は営業中も行われていくと予想しています。現在普及している各台パーソナル計数システムは、ホールスタッフさんの負担を減らすだけではなく、人との接触を減らす有効的な手段ですので、お客さんにも大きな安心感が得られると思います。個人的な意見ですが、玉やメダルが汚れていて手が真っ黒になりやすいホールからは自然と足が遠のきやすくなりますしね。

 さらに営業再開しているホールの一部では、1台置きに台を停止する密集対策を試験的に行っています。

 今までは「台数の多さ」「豊富な機種ラインナップ・遊戯レート」を売りにしている大型ホールが多数ありましたが、今後は真逆となり「1台1台の間隔の広さ」「設置台数少数で広々!」「密接の心配なし!」なんてキャッチコピーが登場する日が来るかもしれません。

 また、元々、エアリフレッシャー装置の設置や空気の循環機能に力を入れているホールが多く、換気問題に関してはパチンコホールの得意分野だと思うので、今後コロナ対策でどういったアイデアが追加されていくのかは少し楽しみでもあります。

●なみ/1987年生まれ、東京都出身。短大卒業後、OLとなるが会社を辞め、コーヒーレディへ転職。2014年にパチンコ・パチスロ専門誌の「ライターオーディション」に合格し、デビュー。2018年、DMMぱちタウン専属ライターへ。週刊ポストデジタル写真集『パチンコライターナミ MEDAL NUDE』、DVD『ナミとのデート』が発売中。

 

あわせて読みたい

「パチンコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  4. 4

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  8. 8

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  9. 9

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。