記事

一日で終わった黒川マージャン辞任と安倍首相の高笑い

 きょうの各紙の報道ぶりを見て、黒川マージャン騒動は終わったと思った。

 安倍首相は悪運が強いのか、側近によほどの知恵者がいるのか、あるいは最初から仕組まれた芝居だったのか、それは分からない。

 しかし、はっきりしている事は、これで安倍首相は検察庁法改正問題という大ピンチを切り抜けた。

 検察庁に黒川氏の処分を丸投げしたおかげで訓告で済んだ。

 検察官僚が、仲間の検察官僚の退職金を奪うような厳しい処分を下せるはずがない。

 おまけに、検察(法務省)は、常習ではなかった、賭け金は社会的通念からみて許される範囲だ、という決め台詞を言い出す始末だ。

 そして安倍首相はここぞとばかり、公務員定年延長法案の一括廃案へ豹変した。

 「コロナ不況で失業者はもっと増える。雇い止めがない公務員の定年を引き上げるのは世間の感覚に合わない(新藤宗幸千葉大名誉教授(行政学)」(5月23日東京新聞「こちら特報部」))というわけだ。

 おまけに、官邸の意向といっても、安倍首相自身は黒川氏に固執していたわけではない、推したのは菅官房長官だ、などと報道されはじめた。

 ここまでくれば、もう野党が黒川問題でこれ以上批判を続けても安倍首相は痛痒を感じない。

 わずか一日で終わった黒川マージャン賭博の大騒ぎは、一体なんだったのだろう(了)

あわせて読みたい

「検察庁法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  4. 4

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  8. 8

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  9. 9

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。