記事

コロナ自粛でわかったこと。「時間があればやりたい」ことはほとんどできなかった人多いのでは?

コロナで自粛期間が1ヶ月以上 あったわけですが 1ヶ月も時間があれば あんなこともこんなこともできると 思っていたのに ほとんどできなかった人が多いのではないか?

私もそう。いろいろやろうと思ったけどできなかった。 やったことはきっと時間がなくてもやったことばかりだった。

私たちはコロナ自粛がなくて 忙しい毎日を送っているときは 「1週間休みがあったらこれしたい!」とか 「1ヶ月休みがあったらこれしたい!」 って思うことって結構あると思うんです。

で、実際に多くの人は1ヶ月、 ほぼ強制的に休みになったわけじゃないですか。 はたしてそれができたのか? できなかったことの方が多いんじゃないかなと。

もちろん制約があるから 1ヶ月休みがあったら旅行に行きたい みたいなことはできないけど 家でも時間があったら相当なことができるはず。

でも気づいてしまったんですね。 本当にやりたいことって 時間がない時でもやってたって。 むしろ時間がない時の方が 何が何でも時間を作り出して やっていた気がする。

時間があるからやろうってことって そんなに本気でやりたいことでは ないんじゃないかってことに 気づいてしまったんです。

1ヶ月以上も時間があったはずですが 振り返ってどんなことできました?! 家の掃除とか整理とかは できた人は多いと思うんですけど コロナ前に時間があったらやりたいって 思っていたことって ほとんどできなかったんじゃないかなと。

そして時間があると思うとかえってダレるし 後回しになるという(笑)

だから何が言いたいかって 時間がないからできないって ほとんど言い訳だってことです。 だって時間があってもやらないもん(笑)

時間がなくても、忙しくても 実際にやっていることが 本気でやりたいことじゃないかなって。

コロナを終えて日常の忙しい生活に 戻って行く前に 本当にやらなければならないことと 本当にやりたいこと以外の時間を削れば
忙しいとか時間がないことを言い訳にせず、 やりたいことをしていけるんじゃないかと思います。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  10. 10

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。