記事

巣ごもり特需で最高益の日清食品 「出前ラーメン」に進出も

1/2
不動の人気を誇る日清「カップヌードル」(時事通信フォト)

ウーバーイーツや出前館などを経由してラーメンの宅配事業をスタート(時事通信フォト)

NHKテレビ小説『まんぷく』のモデルにもなった日清食品の創業者・安藤百福氏(AFP=時事通信フォト)

因縁対決続く「日清のどん兵衛シリーズ」と「マルちゃん赤いきつねと緑のたぬき」

 コロナ自粛の“巣ごもり特需”で売れた物のひとつに、カップ麺がある。中でも不動のトップブランド「カップヌードル」を販売する日清食品の業績は堅調だ。ジャーナリストの有森隆氏が、すでにコロナ後も見据えた事業展開を図る日清食品の「強さの秘密」に迫った。

【写真】ウーバーイーツの配達員

 * * *
 新型コロナウイルス対策で多くの人が外出を控えたことによる“巣ごもり消費”が追い風となり、カップ麺メーカーは好決算に沸いている。小中高校の臨時休校や在宅勤務が広がり、外出を避けるためにカップ麺や冷凍食品など保存できる食品をまとめ買いする動きが数字となって表れているのだ。

 特にリーディングカンパニーの日清食品ホールディングス(HD)の2020年3月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益が4688億円。前の期に比べ4.0%増えた。純利益は293億円と同51.5%増。2期ぶりに過去最高益を更新した。主力ブランドである「カップヌードル」や「どん兵衛」が変わらず支持されたのがその要因だ。

「カップヌードル」ブランドの年間売上高は初めて1000億円の大台を超え、昨年発売した「カップヌードル 味噌」も熱烈な人気を集めた。同商品は3種類の味噌を使用し、ショウガとニンニクでアクセントをつけ、濃厚ながらすっきりした後味が人気を呼んだ。十分な供給量を確保できない状況となったため、販売を一時的に休止したほどだ。

 傘下の明星食品のカップ麺「チャルメラ」「中華三昧」などを加えた同社の即席めん事業の売上高は実に2378億円に及び、前の期より117億円増えた。ざっくりした数字になるが、この117億円が“巣ごもり消費”の特需分といえそうだ。

 株価も堅調だ。東京株式市場で日経平均株価が下落する中、コロナの影響が軽微な「巣ごもり銘柄」が逆行高を演じているが、日清食品HDも例外ではない。3月27日の株価は10年来高値の9440円をつけた。昨年末比16.2%上昇したことになる。その後も高値圏で推移。5月22日の終値は前日比横ばいの9050円だった。

◆専用麺の開発で「出前」にも進出

 多くの企業が業績予想を未定とするなか、日清食品は2021年3月期の予想をきちんと出したのは特筆ものだ。売上収益は前期比4%増の4860億円、純利益は4%増の305億円を計画する。

 だが、コロナ特需に決して浮かれていないのも、日清食品の強さの秘密といえる。ふんどしをしっかり締め、「巣ごもり需要の効果がいつまで続くかは見通せない。新型コロナウイルスの感染拡大が収束したあとの消費者の好みの変化などを見極めたい」と、すでに“ポスト・コロナ”を見据えている。

 そのひとつが、宅配市場である。長引く外出自粛要請で料理の宅配サービスがスポットライトを浴びているが、日清食品はこの好循環を逃さない。

 5月11日、ラーメンを出前する「RAMEN EX(ラーメン イーエックス)」を始めた。宅配するのは、一風堂(福岡市)「一風堂監修 博多とんこつラーメン」、すみれ(札幌市)「札幌濃厚味噌ラーメン」、ますたに(京都市)「背脂鶏ガラ醤油ラーメン」、無鉄砲(京都府木津川市)「とんこつラーメン」の全国有名ラーメン店4店と、日清食品の独自ブランド「豚天国ラーメン」の5品だ。

 価格は税込み1080円(「豚天国」は1380円)。ウーバーイーツや出前館などから注文を受け付け、別途配送手数料がかかる。宅配サービスは東京・港区西麻布周辺からスタート。5月中旬に大阪・梅田、東京・新宿でもサービスを開始した。6月には福岡市内にもサービスエリアを拡大する。

 ラーメンの宅配は麺が伸びたりスープが冷めるなど、克服すべき課題も多かった。そこで日清食品はインスタント麺の製造ノウハウを生かし、時間がたっても伸びにくい宅配専用の麺を有名4店と共同で開発したのである。「専用の麺・スープ・具材を、電子レンジで加熱することで、お店で食べるラーメンと変わらない本格的な味わいを手軽に楽しめます」がキャッチフレーズだ。

 低価格が売りの「熱烈中華食堂日高屋」を運営するハイデイ日高も1月末、ラーメンの出前を解禁している。これまで出前はチャーハンや餃子などに限定していたが、看板メニューの中華そばの出前に踏み切った。出前館とエフピコが共同開発したデリバリー特化型の新容器の誕生で、出前館のラーメンを取り扱う店舗数は2倍になったという。

 コロナ不況を乗り切るため、テイクアウトや宅配に力を入れる飲食店が多い中、日清食品ほかのラーメン宅配事業が成功すれば、いつでも食べたいラーメン店の味を家にいながら楽しむことができるようになるかもしれない。

あわせて読みたい

「日清食品」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  5. 5

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。