記事

広瀬香美「◯◯歌ってみた」シリーズ 大人気となった秘密は

1/2
ヒゲダン「Pretender」を熱唱する広瀬香美(YouTubeより)

米津玄師「Lemon」をカバーしたのが始まりだった(YouTubeより)

 シンガーソングライターの広瀬香美が自身の公式YouTubeチャンネルで公開している「◯◯歌ってみた」シリーズが話題だ。ネット上で「元気が出た」「クセになる」「どの曲も広瀬ワールドに持っていってしまう」と反響を呼んでいる。なぜこれほど好評を博しているのだろうか。

【写真】米津玄師「Lemon」をカバーする広瀬香美

 昨年12月に自身のアカウントを開設し、YouTuberとしてデビューを飾った広瀬。年末恒例の音楽番組『FNS歌謡祭』のレポートを行う動画や、講師としてミュージック・レッスンを行う動画を発表するなど、精力的に活動を続けていた。そうしたなか、今年3月11日に「米津玄師さんのLemonを歌ってみた」と題したカバーを披露したのである。

 流行りの楽曲を練習している広瀬の姿を見たスタッフから、「YouTube用にお願いします」と頼まれたのだという。それが公開されるや否や一気に注目を集め始めた。切ないサウンドが特徴的な原曲のイメージを一新する力強いパフォーマンスが多くのリスナーの心を掴んだのである。

 翌々週末の27日には人気バンド・Official髭男dismの人気曲「Pretender」をカバー。この動画も話題を呼び、のちにトークバラエティ番組『アウト×デラックス』に出演したモノマネ芸人のミラクルひかるが新作ネタとして取り上げている。

 さらにシリーズ3作目からはリスナーに投票を呼びかけ、最もリクエストの多かった楽曲をカバーするようになった。King Gnu「白日」やあいみょん「マリーゴールド」といった最近のヒット曲のほか、人気アニメ『鬼滅の刃』のテーマ曲でもあるLiSA「紅蓮華」を斬新なアレンジで歌い上げた。

 またスキマスイッチ「奏」や石川さゆり「天城越え」といった時代を超えて愛されてきた名曲のほか、お笑いコンビ・どぶろっくの「もしかしてだけど」にも挑戦。浜崎あゆみ「M」では、全身全霊を注いで最後まで歌い切って倒れ込むという気迫あふれるパフォーマンスを披露した。YouTubeのコメント欄には「オリジナルすぎる」「涙が出た」「最高!」と絶賛の声が続々と寄せられている。

 どの動画も広瀬がピアノ弾き語りをする姿を固定カメラで撮影したもので、けして映像や音響が特段優れているわけではない。しかし原曲のイメージを一新するような大胆なアレンジを施し、ときに鍵盤を手のひらや肘で激しく叩き、譜面代わりのタブレットを打楽器のように使用してリズムを取る迫真のパフォーマンスの魅力は、動画から存分に伝わってくる。なによりも広瀬自身が楽しげだ。

 さらに全シリーズを通じて演奏前に楽曲の分析と解説、聴きどころの紹介を、わかりやすいたとえを織り交ぜながら行なっているところも見逃せない。楽曲の魅力を力説する広瀬の姿からは、音楽に対する深い知識と愛情を感じ取ることができる。どんなに奇抜でアヴァンギャルドなアレンジが施されていてもリスナーが不快に感じないのは、おそらくこうした楽曲に対するリスペクトを彼女が抱いているからだろう。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  8. 8

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  9. 9

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  10. 10

    菅首相の官僚けん制 忖度助長も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。