記事

東大合格ゼロの高校から東大を目指す「リアルドラゴン桜」のすごい教え方

1/2

偏差値は30台後半から40台前半。東大合格者は歴代ゼロ。そんな静岡県の私立高校で、初の東大合格をめざす挑戦が始まっている。名付けて「リアルドラゴン桜プロジェクト」。講師を務める東大4年生の西岡壱誠さんは「僕も高3の模試は偏差値35でしたが2浪の末、東大合格できた。勉強で自分を変えられることを教えたい」という――。

※本稿は、「プレジデントFamily2020春号」の記事を再編集したものです。

昨年4月、静岡・誠恵高校の大講堂で、全校生徒らを前に講演する東大生の西岡壱誠。
昨年4月、静岡・誠恵高校の大講堂で、全校生徒らを前に講演する東大生の西岡壱誠さん。 - 撮影=黒坂明美

「勉強が苦手な子が集まる高校」が本気で東大合格を目指している

「自分の人生はそこそこでいい。頑張るのは苦手だし、自分には何の可能性もない。そう考えている人が多いかもしれませんが、今や『そこそこ』の人生もつかめない可能性があります。入試や就職活動で、競争に勝たないと生き残れない。そんな社会を考えたことがありますか?」

東京大学4年の西岡壱誠(いっせい)(23)が、大講堂の壇上から問いかけていた。昨年4月上旬、相手は静岡県の私立誠恵(せいけい)高等学校の、全校生徒約460人と教職員。同校は偏差値30台後半から40台前半で、「勉強が苦手な子が集まる高校」とも言われる。一見すると、おとなしそうな子たちが多い。

西岡は、将来は国内労働者の49%がAI(人工知能)か、ロボットで代替可能になるという推計などを紹介していく。彼自身の暗い過去も率直に語った。

講師は「高3の模試が偏差値35」で2浪の末に東大合格

「僕も小・中・高と学年ビリで、ずっとイジメられていました。高3の模試が偏差値35。先生から『お前、このままでいいの?』と聞かれ、『これが僕にお似合いの人生だ』と答えて、ぶん殴られたこともありました」

西岡はある出会いを機に一念発起。東大合格者が歴代ゼロの無名校から、2浪の末に合格。その後は18万部突破の『東大読書』などのヒット本を執筆し、人気作家としても活躍中だ。

彼の背後で大写しになっているのは、人気漫画『ドラゴン桜』の主人公・桜木建二。弁護士として落ちこぼれ高校に関わり、数々の受験テクニックと名台詞で生徒の心に火をつけ、東大合格へ導く物語だ。西岡は、同漫画に勉強法などを情報提供する、東大生チーム「東龍門」プロジェクトのリーダーでもある。

実は、西岡の講演は、東大合格者輩出を目指す、誠恵高校の学校改革2カ年計画の始動を記念するもの。

青年漫画誌「モーニング」で連載中の『ドラゴン桜2』を導入教材に、生徒に勉強の楽しさや意義を伝え、オンライン学習サービス「スタディサプリ」(以下、スタサプ)で、勉強を習慣化させる。

スタサプは、人気講師の講義動画をスマホで視聴できる。しかも到達度テストで課題を知り、動画やテキストの復習などで克服できる仕組みだ。

さらに西岡らの指導を加えて東大合格者輩出を目指す。同校の学校改革に漫画のストーリーを重ね、西岡が桜木の役割を担う。漫画×オンライン学習サービス×東大生による「リアルドラゴン桜プロジェクト」(以下、RDP)だ。

「ずっと寝ていてもいい。東大生を質問攻めにしてもいい」

昨年8月上旬、誠恵高校3学年のRDPメンバー15人が、静岡県内にあるホテルのセミナー室に集まった。2日間の夏合宿。初日の午前10時前、西岡から漫画『ドラゴン桜2』のコピーが全員に配られた。内容は、スパルタ合宿を期待して参加した男女2人の高校生が、自由に勉強してほしいと言われて戸惑い、そんな勉強はできないと合宿所を出ていく……。

英語検定3級の試験への挑戦を機に、前向きに勉強するようになった2年生の山口珠侑。
英語検定3級の試験への挑戦を機に、前向きに勉強するようになった2年生男子。(撮影=黒坂明美)

西岡がこう切り出した。

「夏合宿もこの漫画と同じです。何をするかは皆さんの自由。この2日間ずっと寝ていてもいいですし、逆に、東大生たちを質問攻めにしてもいい。誰かにやらされて勉強しても、成績は上がりませんから」

生徒らは神妙な顔で聞いていた。記者は、西岡から合宿前に聞いた話を思い出した。昨年4月以降、彼は同校を毎月訪れていた。

「夏合宿は基礎学力をつける場。自主的に勉強をやり切った、という成功体験を積んでほしいです」(西岡)

それが「何をするかは自由」という狙い。西岡は同校の特長を指摘した。

「先生たちがとても熱い想いで、取り組んでくださっています。その熱量が生徒たちにも乗り移ってきて、学習習慣がついてきましたね」

スタサプ視聴の時間数で「日本一」を達成

理由は二つある。まずはスタサプ視聴の習慣。すでに昨年7月に、参加約1000校中、1学期の生徒1人当たりの視聴時間数で日本一を達成した。RDPの取り組みが、学校全体に波及効果をもたらしていた。

先生たちの奮闘も見逃せない。2年生の進学コースの通常授業から、RDPメンバー6人を分離し、別の教室で英数国の3教科を週10コマ、大学入試センター試験向けの特別授業にあてていた。平日の放課後も先生が付き添い、3学年のRDPメンバーは90分間の自由学習。さらに夏休みも、午前9時から午後4時まで学校での自由学習を見守っているという。

夏合宿の合間に2年生に話を聞いた。中学時代に不登校経験があるA君。東大受験を公言した一人だ。当初は通信制高校への進学を考えていたが、父親に全日制をすすめられ、誠恵高校には嫌々通い始めたという。

「でも、授業はわかりやすいし、自分と似た境遇の人も多い。ここなら自分もいていいんだと思えました。気持ちに余裕ができて、1年生で英検3級を受けて合格し、今年は準2級を受けたら返り討ちにあいました。でも算数が苦手で、今も小学生用の計算力ドリルに苦戦中です」

A君が東大受験を決めた動機は、西岡との出会い。偏差値35から2浪後の合格は、A君の「東大生」像とは真逆だったからだ。

「僕より偏差値が低かった人が東大生になれるのなら、自分ができないはずはないんじゃないかっていう気持ちになれました。しかも、東大生に直接教えてもらえるって、なんか特別な感じになりますよね」(A君)

合宿中の彼は、西岡とも冗談を言い交わして笑っていた。

あわせて読みたい

「教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。