記事

黒川氏への、この軽過ぎる処分は許されない

黒川検事長は賭け麻雀を認めました。

これに対して安倍内閣は、黒川氏を「訓告」処分とし、明日黒川氏の辞職を認める方向だと。

とんでもない!

国家公務員に対する処分というのは法律上のものと、実務上のものがあります。法律上のものは国家公務員法上のもので、厳しい方から免職、停職、減給、戒告があります。

ここまで至らないもので実務上の処分として、重い方から訓告、厳重注意があります。

すなわち、黒川氏に対して安倍内閣が下した処分は、法律上の処分でもなく、かつ軽い方から二番目というもの。全く納得のいくものではありません。

加えて、人事院は国家公務員法上の処分を行う場合の基準、指針を公表しています。


「第2 標準例」「3 公務外非行関係」を見て下さい。ここに「(9)賭博 ア 賭博をした職員は減給又は戒告とする」と明示されています。

黒川氏への「訓告」はそれ以下のもの、しかも法律上の処分でもありません。

なぜ安倍内閣は、人事院の処分指針まで踏みにじるのか。そこまでして黒川氏を守らなければならない理由は何なのか。全く理解できません。

そして怒りがこみ上げます。

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  4. 4

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  5. 5

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  8. 8

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  9. 9

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  10. 10

    若者に届け TV局がYouTubeに本腰

    放送作家の徹夜は2日まで

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。