記事

「ネットの存在が思考停止を引き起こした」東浩紀が新型コロナ時代に考える人文知の価値 ​

1/2

批評家・東浩紀氏が編集長を務める会員制メディア「ゲンロンα」がスタートした。新型コロナウイルスによって社会が混乱するなか、「人文系ポータルサイト」として始まった同メディアで東氏は何を目指しているのか。同氏の考えを聞いた。

東浩紀が人文系ポータルサイトを始めた理由

—— 東さんが編集長の新メディア、「ゲンロンα」がスタートしました。このメディアは「人文系ポータルサイト」ということになっていますが、なぜいま人文知を中心にした媒体を始めたのでしょうか

スタートとしてはシンプルで、ゲンロンでは「ゲンロンβ」という月刊誌をメルマガと電子書籍で出しているのですが、それ以外にも記事ごとに読みたい、バックナンバーを読みたいという要望があったので、会員制のサービスを立ち上げることにしました。

東浩紀氏。今回の取材はZoomを介しておこなわれた

人文系ポータルサイトについては……、これは、「人文知とはなんなのか」ということにもなりますね。

僕は基本的に、今まで人間が人間について考えてきた知恵を、ちゃんと受け取って未来につなぐというのが人文知のスタンスだと思うんです。つまり、ゼロから始まる人文知はない。絶対に過去の哲学だったり文学だったりといったものの蓄積の上に存在しています。それはいわゆる自然科学とは違うんですね。過去の伝統、過去の文化といったものをちゃんと引き受けて前につなぐというのが、僕が考える人文知の基本的な軸です。

いま、新型コロナウイルスで世の中は大騒ぎしていますが、この状況下においても、僕はもっとそういうところがもっとあっていいと思っています。つまり、過去に感染症による被害はこれまで何度も起きていて、ある程度社会は感染症と共存してきた歴史がある。そうした人類社会の知恵、記憶みたいなものが、まずベースとして発信されるべきだと思っているんですね。ところが今はいかに感染症を抑え込むかという話にしかなっていない。

そういう過去の記憶を僕たちが失っていることが、今回の新型コロナによる危機でも見えていると思うので。そういうことに対しては違う視点を発することができるのかなと思っていますね。

—— 私たちが過去の記憶を失ってしまうというのは、どういうことでしょうか

たとえば8割の行動制限という数字が出ると、すぐにみんなそれに縛られて、過去の蓄積に学べることがあるにもかかわらず、事態の本質を見失ってしまう。メディアでも、たとえば今日の新宿駅では75%でしたとか、渋谷駅では78%でしたといった感じで取り上げる。もちろんエビデンスは大事ですが、数値目標は単なる目安でしかない。だけれども、数字をもらうとみんな安心するので、目の前の数字ばかり追い求めるようになる。これは常に感じているし、残念だなと思っています。

人文知というところに戻すと、大きく言えば文明と危機の共存みたいな話で、危険といえば危険、でも必要といえば必要だから、最終的にはどこで落とし所をつくるかという話ですよね。そこにはいろんな問題があって、生命の安全の問題もあれば、経済の問題もあり、また政治の問題もある。たとえば原発とかだと、国家の安全保障だって関わってくる。現実にはそれらが合わさっているなかで何かを決めなければいけない。そのときに人文知が必要ないということはありえないと思います。

「役に立った感じがしない」人文知の特徴

—— 人文知が必要というのは、感覚的にはわかります。一方で、実際にどのような役割が持てるんだろうというのが多くの人の疑問だと思いますが

それは文学部不要論とか、その手の話が議論されるときに常に言われていることですよね。つまり、これを勉強したからこれがわかるという、ちゃんとしたメルクマールがない。メルクマールがないので役に立った感じもないし、なんのためにお金を払っているのかもよくわからない。これが人文知の特徴なんです。ただ、全部が数値目標になって、達成度が測れるものだけが知識ではない。それ以外のものも人間にはいっぱいある。ところが、特にインターネット社会になってから、とにかくいろんなものが数値化されるようになった結果、あらゆる知識の形や言葉の形を数値目標に合うよう最適化していったんですよね。

—— 計測できる数値を中心に物事を考えてしまうと

たとえば、作品や言葉のような文化的なもので人を感動させることは数値にならない。けれども、アクセス数は数値になる。感動させることとアクセス数は本来なら全然違うものなのに、インターネットをやっていると、これが同じもののような気がしてしまうわけです。いろんな人に届くということとアクセス数って本当は全然違う。ところがアクセス数は測れても、人の心にどれだけ届いたかは測れないから、とりあえずアクセス数でビジネスを立ち上げようとなってしまう。

でもそれをやっていると、いつの間にかアクセス数を稼ぐための記事ばっかりになって、何をやりたかったのかわからなくなるわけですよ。実際、今はそんなものばっかりになっていると思いますが、まさにそうしたものに対する疑いの目を持つというか、「本当はこれだけではなかったんじゃないのか?」ということを問題提起するものとして人文知はあるんです。簡単に言うと、数字以外の大切なものがあるということですかね。ありきたりですが、最終的にはそういうことだと思います。

東氏が編集長を務める会員制の有料記事サイト「ゲンロンα」。

歴史を学ぶことは、「実はそんなに進歩してないぞ」と気付くこと

—— 古いものに注目が集まる例のひとつとして、今、カミュの『ペスト』が売れているという話もありますね

文学やいろんな作品、歴史に関心が向かっているのはいいことだと思います。ただ、カミュなんかが売れているのはいいことなんですが、たとえば世界で主導的な哲学者だということになっている、ユヴァル・ノア・ハラリ、彼が今回感染症について書いているのを見ると、「人類は科学を信じなければいけない、人類は進歩を信じなければいけない」という平板なメッセージなんですよね。

でも、本当は人類が過去の歴史を学ぶことって、「実はそんなに進歩してないぞ」ということに気付くことなんですよね。感染症に対する対策だって大して変わっていない。ロックダウンなんて何百年も前からされていることです。これだけITが発達した、ビッグデータで分析できる、シミュレーションの計算能力も高くなったといっても、やっていることはロックダウンと手洗いとうがいですからね。そういうことから自分たち人間の限界を知ることも人文的な知の非常に重要なところだと思うんですね。

—— 今回だけでなく3.11もそうでしたが、災害のたびに人間の無力さを知るというところはあるかもしれませんね

原発の問題にしても、いったん事故が起きると、たとえばチェルノブイリもそうですが、蓋をかぶせているだけなんですよね。蓋かぶせて、危険なものを取り出してどうするか。それも技術的に問題を解消するのではなく、地下に埋めるわけです。蓋をする、埋める、ですよ。大したことはできていない。そういうことについて少し離れたところから、「人類は大して進歩してないし、社会のパニックも毎回変わってないんだから、もう少し自分たちの限界を知っておこう」とメッセージを発する人たちはもっと必要だと思うんですよね。ゲンロンαもそういう立場になれたらいいなと思っています。

「ネットの存在が思考停止を引き起こした」

—— 最近東さんは、「コロナ・イデオロギー」とよくおっしゃっています

いま、オンラインで社会は完結できるというような話が出ていますが、それは幻想です。当たり前ですが、身体的接触がなければやはりいろんなもののクオリティも下がるし、そもそも宅配や、保育、介護といった身体的接触が必須の仕事をしている人たちもいる。その人たちがいるからこそ、オンラインでのビジネスやテレワークが実現できているんですよね。そういうことを全部忘れて、全部オンラインでいけると言っていることについて、僕は「コロナ・イデオロギー」と呼んでいます。

このコロナ・イデオロギーは、90年代の「カリフォルニアン・イデオロギー(情報技術が人間の可能性を最大限に引き出し、自由にするという観念)」の延長線上にあります。また、カリフォルニアン・イデオロギーのあと、リチャード・フロリダという経営学者が、これからの社会を導くのは「クリエイティブ・クラス」になると言って人気を博しました。クリエイティブ・クラスというのは、弁護士やアーティストや科学者など、シンボルを使って価値を生み出す人たちのことです。まさに今回、オンラインでいけると言ってる人たちは、このクリエイティブ・クラスなんですよね。

クリエイティブ・クラスとそうでない人たちの間には今でも経済格差がありますが、このコロナ・イデオロギーによって今後も社会はオンラインになっていくべきだという議論が進めば、間違いなく格差は開いていく。それは結局、感染症のリスクを社会全体で共有しないで、オンラインになれる人がオンラインになれない人に押しつける社会になっていくので、僕はそれに対しては反対を唱えていきたいなと思うんですね。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務や飲み会など、さまざまな分野でオンライン化が進んだ Stephanie Krist on Unsplash

—— オンラインで済ませようという流れのなかで、政府などの権力が自由を制限することについても人々は理解を示しているように思いますが、これについてはどうですか

僕もそれには率直に言って驚いているんですよ。なんでこうなのか、僕もわからない。わからないというか、みんな実はそれほど自由を大切だと思ってなかったというか。去年、表現の自由が話題になっていましたが、集会の自由なんてある意味表現の自由よりもっともっと深いところにあるものです。そう考えると、集会禁止ってものすごく政治的な自由をつぶすものですよね。

先日、ニューヨークでユダヤ教の指導者が亡くなって、葬儀でユダヤ教徒が集まったところにニューヨーク市長が行って解散させたという報道がありました。これは彼らのコミュニティのまさに集会の自由に対する弾圧だし、普通は政治問題になると思います。こういうのが感染拡大だからしょうがないとスルーされていることにびっくりしています。なんでこういうことになってしまったのかな。だから、わからないですね。リベラルがなんでこんなに、この状況を受け入れてしまってるかというのは。

—— 一番大事だと言っていたはずなのに、あっさり手放してしまったという印象でしょうか

人と人とが会うということは、一番大事でしょう。それがなかったら、政治も権力も、権力批判も何もないですよ。全員Zoomでどうするんだということですよ。

これは変な言い方ですが、僕は今回ネットがなかったほうがよかったかもしれないと思っていて。もちろんネットがあって、いろいろできていることはありますが、あえて言えば、ネットがなかったら、もっとみんな考えたと思うんですよ。つまり、感染症がある状態でどうやって社会を回していくのか。一人ひとりが気をつけなければいけないけど、しかし社会をなくすわけにはいかないから、どうやって自分たちの行動を律するか、つまり社会へのあり方を変えるかということをもっと真剣に考えたと思うんですよね。ところが、ネットで顔は見られるから、別に会わないでもOKでしょうと言っている。

人が移動できないというのは、コミュニティも壊すし、親子関係だって壊しかねないすごいことです。そのことに対してもっと本当は真剣に考えなきゃいけなかったのに、「Zoomもあるし、UberEatsもあるし」と進んでしまった。今回、ネットの存在が思考停止を引き起こした感じがしますね。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    レジ袋未精算で人生棒に振る人も

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  3. 3

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    ホスト「昼の世界も感染者いる」

    文春オンライン

  5. 5

    日本の感染死者少なさに英紙注目

    BBCニュース

  6. 6

    胸板薄い? 木村拓哉は成熟なるか

    NEWSポストセブン

  7. 7

    マスク警察への対応は憐れむ視線

    NEWSポストセブン

  8. 8

    実は借金 千鳥大悟が見せる男気

    SmartFLASH

  9. 9

    小池知事が当確 朝日朝刊に苦言

    常見陽平

  10. 10

    都の協力金9割支給 一部で不満も

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。