記事

「ご批判は真摯に受け止めたい」黒川検事長の訓告処分・辞表提出に安倍総理


 黒川弘務・東京高等検事長が訓告処分となり、辞表を提出したことについて安倍総理は21日夕方、官邸で記者団に対し、「(黒川検事長の定年延長については)法務省、検察庁において人事について厳正なプロセスを経て整理がなされたが、最終的には内閣として決定するので、総理大臣として当然、責任がある。ご批判は真摯に受け止めたいと思っている」と述べた。

・【映像】「総理として責任ある」
 
また、検察庁法改正案を取り下げる考えはないかと問われると、「公務員全体の制度改革にあたっては、国民の皆さまの意見に耳を傾けることが不可欠。国民の皆さまの理解無くして前に進めることはできないだろう。参議院の世耕幹事長が、社会的な状況も大変厳しく、この法案を作った時とは違うのではないか、というご自身の考えを述べられたし、党にもそういう考えがあると承知している。そうしたことも踏まえて、しっかり検討していく必要がある」とした。

 黒川検事長をめぐっては、緊急事態宣言が続く中、今月1日と13日に朝日新聞社員、産経新聞記者と賭けマージャンをしていたと『週刊文春デジタル』で報じられていた。(ANNニュース)

▶映像:「総理として責任ある」会見で安倍総理

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  6. 6

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  7. 7

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  8. 8

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  9. 9

    綾瀬はるか 格差が結婚の障壁か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    社員からフリーへ タニタの試み

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。