記事

『戦場の兵士の大部分は敵を射撃しない』という神話

1/2

[画像をブログで見る]

人は殺人を忌避するのか

 戦争には殺人という行為が伴います。人類の歴史を紐解けば多くの戦いが記録されており、当然そこで人は殺し殺されていたわけです。では、人の本性は殺人をよしとしているのでしょうか。

 こういった疑問に対し、第二次世界大戦中、実戦に参加した直後の兵士に対してグループインタビューによる聞き取り調査を行っていたS.L.A.マーシャル准将は、1947年に発表した"MEN AGAINST FIRE"の中で、次のようなデータを提示しました。

敵との遭遇戦に際して、火線に並ぶ兵士100人のうち、平均してわずか15人から20人しか「自分の武器を使っていなかった」のである。しかもその割合は、「戦闘が一日じゅう続こうが、2日3日と続こうが」つねに一定だった。

出典:デーヴ・グロスマン『戦争における「人殺し」の心理学』(ちくま学芸文庫)

「戦いに際して兵士の15~20%しか発砲しない」。マーシャルはこのデータに基づき、兵士は他者を殺害することへの忌避感から発砲しなかったとし、これは米軍に留まらず第二次大戦に参戦した各国でも共通であったと主張しています。マーシャルが示したこのデータは、元米陸軍士官学校教授のデーヴ・グロスマンによる『「人殺し」の心理学』(1998年、原書房)とその文庫版である『戦争における「人殺し」の心理学』(2004年、ちくま学芸文庫)で日本に紹介され、広まったと考えられます。

 [画像をブログで見る]

 そして、グロスマンが本の中でした主張も、その根幹はマーシャルのデータに依っており、第二次世界大戦で2割以下だった発砲率が、朝鮮戦争、ベトナム戦争と時代が下るに従い大幅に上昇したデータを提示し、その要因として兵士に取り入れられた訓練手法を挙げています。この訓練は敵を自分と異質の存在とみなして人間性を否定するもので、このような非人間的な訓練によって高い発砲率を可能にしたと説明しています。

 イスラエルの軍事史家、マーティン・ファン・クレフェルトはこのような主張を「研究者の中には殺人は人間に生来備わったものではないと主張する者もいる。殺人を可能にするためには、まず自らの側を野蛮化し敵を非人間化する必要がある、というのである」と要約し、「これは、石器時代からこの方、人間が起こしてきた戦争についての我々の知見のすべてに真っ向から対立するもののようだ」と懐疑的にみています。

 イギリスの軍事史家ジョン・キーガンは『戦場の素顔』(2018年、中央公論新社。原書は1976年)の中で、マーシャルの主張は歴史家としては珍しく、マーシャルの生前に世間に受け入れられ実地に移されたとしており、その影響を評価しています。事実、1980年代に"MEN AGAINST FIRE"は、米陸軍指揮幕僚大学の必読書リストに入っており、1983年に改訂された米陸軍野戦教本にもマーシャルの影響がありました。

あわせて読みたい

「戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    分党を選んだ玉木氏の判断を称賛

    早川忠孝

  2. 2

    うがい薬買い占めた高齢者を直撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    大学は授業料の対価提供できるか

    青山まさゆき

  4. 4

    よしのり氏 周庭氏逮捕を許すな

    小林よしのり

  5. 5

    国民民主が分党 立民と合流へ

    ABEMA TIMES

  6. 6

    周庭さん逮捕 日本共産党も批判

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    総理は原稿読み上げ 会見で指摘

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    国民より首相 自民の真意が如実

    やまもといちろう

  9. 9

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  10. 10

    沖縄の不安を煽るTVに医師が嘆き

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。