記事

コロナ後は「演芸場+有料配信のハイブリッド」へ 落語で見られる新たな試みとは - 三上洋

1/2

音楽や演劇などのエンターテインメント産業が苦しむ中、落語の新しい試みが注目されています。三代目橘家文蔵さんと後援会が行っている「有料の無観客オンライン落語会」です。映像や音質にこだわった質の高い配信で、有料ながら視聴者が急増。コロナ後をにらんでリアルの演芸場とネット配信のハイブリッドを目指しています。(ITジャーナリスト・三上洋)

初回70人も500人同時視聴まで伸びる有料落語配信

三代目橘家文蔵さんは、ガッシリとした体格とドスの効いた威勢のいい口調でファンをひきつける落語家さんです。

三代目橘家文蔵さん。4月9日から無観客有料落語配信を続けている

三代目橘家文蔵公式サイト

文蔵さんがネット配信を思い立ったのは3月下旬、緊急事態宣言が出される直前のこと。落語会が中止となり、何かできないかと後援会事務局の天野隆さん(つながり寄席代表)に相談したところから始まります。思い切ってネットでの無観客ライブ配信をしましょうとなり、ライブ配信に詳しい会社(後述)に相談し、急遽4月9日に第1回の「文蔵組落語会」がオンラインのみの無観客有料配信で行われました。

初回の配信の視聴者は約70人。有料配信でこれだけお客様が集まったことは成功と言えるでしょうが、回を重ねるごとにファンが増えていきます。宣伝はSNSのみでしたが、口コミでの広がりもあってゴールデンウィークには400人から500人前後が同時視聴する人気配信となりました。

文蔵組落語会は1回あたりの視聴料が2,000円です。演芸場の料金としては妥当ですが、ネット配信ではやや高めと言ってもいいでしょう。ただし入会金3,000円・年会費3,000円の「文蔵組後援会」に入ると一部をのぞき無料で楽しめます。後援会事務局の天野さんによれば「ほとんどの人が入会金3,000円+年会費3,000円の後援会に入っていただいています」とのこと。何度か見る人なら後援会に入ったほうがお得なので、多くの人が後援会に入るようです。

オンラインのみの文蔵組落語会はすでに15回以上開催。毎回豪華なゲストが登場している。詳細は「文蔵組5月のオンライン配信落語会スケジュール

天野さん:
オンライン配信に合わせて結成された後援会は、当初100人程度の加入を見込んでいました。しかし配信がとても好評で、加入した方がお得ということもあって現在では450人を超えています。

これにより後援会・単発合わせて数百人が毎回オンライン落語会を有料で楽しんでいることになります。国立演芸場の定員は300人ですから、それを上回る集客です。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化するにつれ、収入がちゃんとあって持続できるエンターテインメントの形が求められています。文蔵組落語会は無観客ライブ配信の先駆けであるとともに、有料でもきちんと経済が回るしくみを実現しているのです。

なぜ有料なのに多くのファンが視聴しているのでしょうか。その理由は「クオリティの高さ」にありました。

ゲスト・出囃子・太鼓ありでライブにこだわる

落語会を始めるにあたって、文蔵さんは

やるからにはプロなのだから、きちんと御足(おあし=お金)をいただこう、そのためには質を高めよう。

と考えたそうです。

文蔵組オンライン落語会は、実際の落語会とほぼ同じしかけで行われています。人気落語家さんがゲストとして招かれているほか、前座の落語もあります。そして演芸場と同じく出囃子さん(三味線)が場を盛り上げ、太鼓もたたかれます。実際に演芸場で行われている豪華なラインナップを、そのままオンラインで提供しているのです。

演芸場と同じように出囃子・太鼓もスタジオで演奏される

もちろんコロナ対策として十分な距離を取り、感染対策もほどこしています。配信スタジオの窓は開けたままで生配信が行われます。救急車の音が入ることもあるそうですが「クルマや救急車などの音が入るのも味の一つ」として、環境音が入ることも雰囲気の一つにしているそうです。

そして「ライブ」にこだわっています。アーカイブ(録画)の保存はあったとしても3日程度で、あくまで生配信が中心です。

文蔵さん
録画じゃ面白みは半減するんです。録画だとこっちも緊張感がないですから。間違ってもうまく誤魔化すのが落語家の腕でしょう。落語はトチってもライブ、うまくいってもライブですから。

としてライブでの落語を重視しています。

視聴者としてもライブのほうが面白みがありそうです。動画サイトのコメントやTwitterでの応援の声をあげやすいからです。天野さんによると

長くダラダラ録画を提供するより短めのほうがいいと思っています。見逃した人向けに短期間は録画を出しますが、基本は生の落語会を見ていただきたいんです。

として今後も生配信にこだわっていくようです。

あわせて読みたい

「落語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    指原発言に賛辞ばかりでない背景

    文春オンライン

  5. 5

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  6. 6

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  7. 7

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  8. 8

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  9. 9

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  10. 10

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。