記事

NYタイムズの仁義なき採用攻勢

1/2
[画像をブログで見る]

彼らは我々を殺戮しようとしているんだとますます感じるようになった。戦術的にね

そのように、社内チーム向けのコミュニケーションツールSLACKに書き込んだのはデジタルメディアの雄、BuzzFeedの記者です。

その「彼ら」とは、New York Times(NYT)のこと。BuzzFeedから、近年、おびただしい数のスター記者がNYTに引き抜かれていることに、社内のイライラが高まっていると、VanityFairの記事が伝えています。

記事によるとNYTは、一時期、ワシントン政治の報道で圧倒的存在を誇るPoliticoから大量のスター記者を採用しました。そこであげられたピューリツァー賞受賞者でトランプ大統領が目の敵にしているMaggie Herbermanら5人の名前を追うと、全員、今のNYTのホワイトハウス担当か政治担当です。

それが一段落すると、NYTの矛先はBuzzFeedに向いたようです。なにせ、NYTの編集局長のDean BaquetGuardianのインタビューで、NYT、Washington Post、Guardianの既存3紙と並んでBuzzFeedをジャーナリズム新時代にインパクトを与えた唯一のオンラインメディアに挙げているほど、NYT内で評価が高かったからのようです。

そしてVanity Fairの記事を書いたJoe PompeoのメールにもBaquetは「BuzzFeedは素晴らしい報道機関であり、現代ジャーナリズムに影響を与え続けている」「我々は優れたジャーナリストを優れた報道機関から雇いたい。それがBuzzFeedであろうとWSJであろうと」と手放しです。

かくて、BuzzFeedの上席経済記者から2016年にNYTの小売り、eコマース担当の経済記者に転じたSapna Maheshwariを手始めに20人あまりの有力記者がNYTに引き抜かれました。

その極め付きが、NYTの編集局長も絶賛する記者軍団を組織した初代編集長のBen Smithです。BuzzFeedは、そのスタート当時はエンタメ情報を箇条書きにしたようなListicleなどが人気を呼んでいましたが、2011年、PoliticoからBuzzFeed News創設のために招かれ、手腕を発揮しました。

[画像をブログで見る]

それが、今年1月、NYTに電撃移籍、メディアコラムニストを名乗ります。そこで、BuzzFeedは、数ヶ月の検討の末、5月5日に、かってBuzzFeedの調査報道チームを組織したMark Schoofsを後任編集長に選ぶのですが、NYTはその3日後に、BuzzFeedの副編集長のGinny Hughsを自社の健康・科学面の編集長として迎えたと発表するのです。

なんともえげつない。そこで、冒頭で紹介したSLACK上のぼやきというか怒りになるのですね。

ところが、NYTの、こうした有力オンラインメディアからの人材獲得はこれに止まりません。Ben SmithのNYTでの初仕事は3月1日の「NYTの成功はなぜジャーナリズムに悪いニュースになりかねないか」という、自社批判に繋がる際どい見出しの長文コラムでした。

あわせて読みたい

「NYTimes」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    携帯料金 値下げは1000円程度か

    S-MAX

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。